MINIが高性能モデルのコンセプトカーを発表【デトロイトショー2014】

2013.12.18 自動車ニュース

「MINIジョンクーパーワークス コンセプト」


    「MINIジョンクーパーワークス コンセプト」
    拡大

【デトロイトショー2014】MINIが高性能モデルのコンセプトカーを発表

独BMWは2013年12月17日、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、会期:2014年1月13日~26日、一般公開日は1月18日から)に「MINIジョンクーパーワークス コンセプト」を出展すると発表した。

MINIジョンクーパーワークス コンセプトは、2013年の東京モーターショーで世界初公開された、新型「MINI」をベースとしたコンセプトモデルである。スペックなど車両の詳細は公表されていないが、BMWは同車について、「次世代のエリートスポーツモデルを示唆するもの」としている。

外観では大開口のエアインテークを備えたフロントバンパーや、サイドスカート、フラップ付きリアエプロン、リアディフューザー、ルーフスポイラーなどのエアロパーツなどが特徴。ヘッドランプはLED式で、黒で塗装されたグリルや、ホイールのセンターキャップ、ブレーキキャリパー、センター出しの2本のテールパイプなどには「JOHN COOPER WORKS」のロゴがあしらわれている。

ボディーカラーは「ブライト ハイウェイ グレー」と呼ばれる色で、表面を研磨した上からクリアコートを施すことで、独特の風合いを表現。ルーフやサイドミラー、ボディーストライプの色には赤を採用している。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, デトロイトモーターショー2014, イベント, 自動車ニュース