「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」
    拡大

「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

富士重工業は2013年12月24日、SUV「スバル・フォレスター」の特別仕様車「X-BREAK(エックスブレイク)」を発表し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「2.0i-L EyeSight」をベースに、はっ水ファブリックシートやはっ水カーゴフロアボードなど、ウインタースポーツやアウトドアでの使い勝手を高める特別装備を採用したものである。

デザインの一部にも手を加えており、エクステリアには専用の17インチアルミホイールやルーフレールを装備。一方インテリアには、シートやドアアームレストなどにオレンジステッチを施している。

具体的な仕様・装備は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ダークシルバー塗装+切削光輝)
・シルバールーフレール
・はっ水ファブリックシート(サイド:合成皮革、オレンジステッチ)
・はっ水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)
・カーボン調加飾パネル
・本革巻きステアリングホイール(オレンジステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ<オレンジステッチ>)
・ドアアームレスト(オレンジステッチ)
・スライド機構付きコンソールリッド(表皮:合成皮革)

ボディーカラーには専用色のクォーツブルー・パールを含む全8色を用意。価格は261万4500円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 ハイブリッド車と「STI Sport」を新設定 2020.9.17 自動車ニュース スバルが「インプレッサ」一部改良モデルの先行予約受け付けを開始した。今回の改良では、5ドアモデルに電動パワートレイン「e-BOXER」の搭載車と、STIが手がけたスポーツグレード「STI Sport」を新設定。2020年10月8日の発売を予定している。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
ホームへ戻る