クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル フォレスター 試乗記・新型情報

スバル フォレスター 試乗記 スバル フォレスター ニュース スバル フォレスター 画像・写真
  • 2021.9.3 画像・写真

    スバル・フォレスター ウィルダネス

    「スバル・フォレスター」にヘビーデューティー仕様の「ウィルダネス」が登場。独自のセッティングが施されたドライブトレインや足まわりなどにより、悪路走破性や積載性、トーイング性能が高められている。北米で発表されたタフなフォレスターを、写真で紹介する。

  • 2021.9.3 自動車ニュース

    スバルがオフロード性能を高めた「フォレスター ウィルダネス」を発表

    スバルが米国で「フォレスター ウィルダネス」を発表。SUVの「フォレスター」をベースに悪路走破性やけん引能力などを高めたモデルで、ローギア化されたCVTや空冷式のオイルクーラー、専用セッティングのサスペンションなどが採用されている。

  • 2021.8.19 自動車ニュース

    スバルがミドルサイズSUV「フォレスター」を大幅改良 「新世代アイサイト」を採用

    スバルがミドルサイズSUV「フォレスター」を大幅改良。フロントマスクを中心としたデザインの変更に加え、予防安全・運転支援システムに「新世代アイサイト」を採用するなど、機能・装備を強化。運動性能や乗り心地の改善も図っている。

  • 2021.6.14 自動車ニュース

    スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載

    スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。

  • 2021.2.22 試乗記

    スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】

    「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。

  • 2020.10.22 自動車ニュース

    「スバル・フォレスター」に新グレード「スポーツ」登場 1.8リッターターボの最上級モデル

    スバルが「フォレスター」の改良モデルを発表。新グレード「スポーツ」を追加した。同車はスポーティーで質感の高い走りを追求した新たな最上級グレードという位置づけで、1.8リッター直噴ターボエンジンや専用サスペンションなどを装備している。

  • 2019.11.26 自動車ニュース

    「スバル・フォレスター」に特別仕様車「Xエディション」登場 アウトドアなどで役立つ装備が充実

    スバルがフォレスターに特別仕様車「Xエディション」を設定。ガンメタリックのホイールやダークメッキの装飾パーツが採用されたエクステリアが特徴で、インテリアにもはっ水加工のシートやラゲッジフロアボードなどが採用されている。

  • 2019.10.1 試乗記

    2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】

    TRD、STI、NISMO、無限と、メーカーのモータースポーツ活動やアフターパーツの開発を担う4つの“ワークス”が合同試乗会を開催。まずはTRDが手がけた「スープラ」と「プリウス」、STIの用品を装着した「フォレスター」と「インプレッサスポーツ」の走りを報告する。

  • 2019.6.10 自動車ニュース

    スバルが「フォレスター」を一部改良 新色を設定

    スバルが「フォレスター」に一部改良を実施。車体色に「マグネタイトグレー・メタリック」を新設定したほか、リアシートへの荷物などの置き忘れを、ブザーと画面表示で乗員に知らせる「リアシートリマインダー」を新たに採用した。

  • 2019.2.23 エッセイ

    第556回:スバルは「リアル」な雪国を走る
    日本有数の豪雪地帯で4WDの伝統と実力を再確認

    降雪地帯の日常を知るために、訪れたのは山形県だった。実は月山の北東麓に位置する肘折温泉は、昨2018年2月に445cmという観測史上4位の積雪を記録した、日本でも有数の豪雪地帯である。クルマにも人間にも厳しい環境下におけるロングドライブで、スバルが長年培ってきた4WDの実力を試してみた。

  • 2019.1.11 自動車ニュース

    【東京オートサロン2019】スバル&STIはファンとのつながりを重視

    スバルとそのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、東京オートサロン2019(開催期間:2019年1月11日~13日)において、市販車両をベースとしたさまざまなカスタマイズカーを披露した。

  • 2018.12.13 試乗記

    スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】

    新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。

  • 2018.12.12 エッセイ

    第16回:スバル・フォレスター(後編)

    たとえキープコンセプトであっても、従来モデルとの“違い”や“新しさ”を表現する方法はあるというのだが……。今回は、新型「スバル・フォレスター」のディテールを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が「国産車と輸入車の、考え方の違い」を語る。

  • 2018.12.5 エッセイ

    第15回:スバル・フォレスター(前編)

    スバルのグローバル戦略を担う重要モデルの新型「フォレスター」だが、ことルックスについての評判はいまひとつ。「あまりにも先代モデルから代わり映えしない!」といわれる5代目のデザインを、現役のカーデザイナー明照寺彰はどう見るか?

  • 2018.10.23 試乗記

    スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】

    現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。

  • 2018.9.19 試乗記

    スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】

    5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。

  • 2018.9.14 試乗記

    スバル・フォレスター アドバンス/フォレスターX-BREAK【試乗記】

    電動アシスト機構付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「スバル・フォレスター アドバンス」がいよいよ発売された。比較試乗で浮き彫りになった2.5リッターガソリン車との違いと、従来モデルとは趣を異にする、フォレスターの“新しい一面”をリポートする。

  • 2018.8.29 デイリーコラム

    世界で一番売れてるスバル車なのに!?
    どこかパッとしない新型「フォレスター」

    世界で一番売れているスバル車が新型に! という触れ込みで華々しくデビューした5代目「フォレスター」だが、ページの閲覧者数など、『webCG』読者からの支持はいまひとつ……。読者の心をつかみ損ねた新型の、悩みの原因はどこにある?

  • 2018.8.13 試乗記

    2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】

    TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。

  • 2018.7.5 試乗記

    スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】

    フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。

スバル フォレスターの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。