日産がミニバン「セレナ」を大幅改良

2013.12.26 自動車ニュース
「日産セレナ」
「日産セレナ」
    拡大

日産がミニバン「セレナ」を大幅改良

日産自動車は2013年12月25日、ミドルサイズミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」
    拡大

「セレナ20G S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」


    「セレナ20G S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」
    拡大
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」のインパネまわり。
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」のインパネまわり。 拡大
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」のインテリア。
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティ パッケージ”」のインテリア。 拡大
「LDW(車線逸脱警報)」とはカメラで道路上の白線を認識し、車線を逸脱しそうになるとドライバーに警告を発する機能。
「LDW(車線逸脱警報)」とはカメラで道路上の白線を認識し、車線を逸脱しそうになるとドライバーに警告を発する機能。 拡大

■安全装備を大幅に強化

今回のマイナーチェンジでは、「20S」を除く全グレードに、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備。また「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や、「踏み間違い衝突防止アシスト」「ふらつき警報」からなる「アドバンスドセーフティ パッケージ」装着グレードを新たに設定した。

内外装についても一部を変更しており、外装では従来モデルより立体的な形状のフロントグリルと2段構造のヘッドランプを採用したほか、エンジンフードやフェンダー、バンパーのデザインを一新。「ハイウェイスター」ではサイドシルプロテクターや16インチアルミホイール、LEDリアコンビネーションランプのデザインも変更している。
また、ボディーカラーのラインナップには暖色系の2色を含む5色の新色を追加。全9色の設定とした。

一方インテリアでは、「ハイウェイスター」の「ブラックインテリア」、「20G」の「フェザーグレーインテリア」を一新。また新規オプションとして、「ハイウェイスターG」には先進感と上質感を併せ持つ「プレミアムハイコントラストインテリア」を、「20X」と「ハイウェイスター」には、防水シートやロングアシストレール、バックドアインナーフックなどを装備した「クロスギア パッケージ」をオプション設定した。

装備も強化しており、ナビ・オーディオ非装着車にもルームミラータイプの「アラウンドビューモニター」を設定。「20S」「20X」「20X S-HYBRID」を除く全グレードで、フロントドアにスーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用した。

このほかの追加装備は以下の通り。
・フロントウィンドウ トップシェード
・3列目シート用パーソナルテーブル(「20S」を除く全グレード、「20S」はオプション設定)
・シフトインジケーター照明
・ステアリングスイッチ夜間照明、アイドリングストップメッセージ表示(「20S」を除く全グレード)
・外気温計
・チケットホルダー

価格は218万4000円~301万8750円。

(webCG)
 

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・ヴォクシー/ノア」を写真で紹介 2014.1.20 画像・写真 ハイブリッド車もラインナップ。新型「トヨタ・ヴォクシー/ノア」を写真で紹介。
  • ダイハツが「タフト」の情報を先行公開 盛り上がりを見せる軽クロスオーバーの新型車 2020.4.20 自動車ニュース ダイハツが新型車「タフト」の情報を先行公開。クロスオーバータイプの軽乗用車で、フレキシブルに使える荷室や、全車に標準装備される大きなガラスルーフなどが特徴。ダイハツとしては今回が初となる、電動パーキングブレーキの採用もトピックとなっている。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
ホームへ戻る