「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車

2014.01.10 自動車ニュース
「A45 AMG 4MATIC ペトロナス グリーンエディション」
「A45 AMG 4MATIC ペトロナス グリーンエディション」 拡大

【東京オートサロン2014】「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車

メルセデス・ベンツ日本は2014年1月10日、「東京オートサロン2014 with NAPAC」の会場において「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」をベースにした特別仕様車「A45 AMG 4MATIC PETRONAS Green Edition(ペトロナス グリーンエディション)」を発表。同日、販売を開始した。


「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車の画像 拡大

「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車の画像 拡大

「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車の画像 拡大

「A45 AMG 4MATIC」にF1イメージの限定車の画像 拡大
「A45 AMG 4MATIC ペトロナス グリーンエディション」のお披露目は「東京オートサロン2014 with NAPAC」(開催期間:2014年1月10日~12日)で行われた。写真右からメルセデス・ベンツ日本 マーク・ボデルケ副社長、メルセデスAMG社 AMGパフォーマンススタジオ&ダイレクトセールス統括 オリバー・クルツ氏、メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長。
「A45 AMG 4MATIC ペトロナス グリーンエディション」のお披露目は「東京オートサロン2014 with NAPAC」(開催期間:2014年1月10日~12日)で行われた。写真右からメルセデス・ベンツ日本 マーク・ボデルケ副社長、メルセデスAMG社 AMGパフォーマンススタジオ&ダイレクトセールス統括 オリバー・クルツ氏、メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長。 拡大

A45 AMG 4MATIC ペトロナス グリーンエディションは、メルセデスAMG社のカスタムオーダープログラム「AMGパフォーマンススタジオ」による専用の内外装が施された特別仕様車。
A45 AMG 4MATICをベースに、メルセデスのF1チーム「メルセデスAMG ペトロナス フォーミュラワン」のイメージカラーであるグリーンに彩られた内外装パーツが装備される。

エクステリアでは、ペトロナス グリーンエディション専用となるエアロパーツや、マットブラックペイントの19インチAMGマルチスポークアルミホイールを装備。フロントマスク各部や、ドアミラー、リアスポイラー、ホイールハブキャップなど随所に、グリーンのペイントが施されているほか、フロントとサイドには専用のデカールが貼られる。

インテリアでは、ステアリングホイール、ダッシュボード、メーターパネル、エアコン吹き出し口などにグリーンがあしらわれるほか、ステアリングホイール、ドアパネル、アームレストなどには、グリーンのステッチが施され、インテリアトリムにはカーボンファイバー素材が用いられる。

パワーユニットは、A45 AMG 4MATICから変更はなく、360psと45.9kgmを発生する2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載する。

価格は970万円。全国限定30台が販売される。

(工藤考浩)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る