新型SUV「ポルシェ・マカン」の受注がスタート

2014.01.23 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン ターボ」
「ポルシェ・マカン ターボ」
    拡大

新型SUV「ポルシェ・マカン」の受注がスタート

ポルシェ ジャパンは2014年1月23日、新型SUV「マカン」シリーズの予約受付を、同年2月1日に開始すると発表した。価格は「マカンS」が719万円、「マカン ターボ」が997万円(いずれも消費税8%込み)。


新型SUV「ポルシェ・マカン」の受注がスタートの画像 拡大

新型SUV「ポルシェ・マカン」の受注がスタートの画像 拡大
「マカン S」
「マカン S」
    拡大

今回受注開始が発表されたのは、340psを発生する3リッターV6ターボエンジンのマカンSと、400psを発生する3.6リッターV6ターボエンジンを搭載したマカン ターボの2モデル。ドライブトレインは両者共通で、トランスミッションには7段のデュアルクラッチ式AT「PDK」を、駆動システムには電子制御式のマルチプレートクラッチを用いたアクティブ4WDシステムを採用している。

また走りに関するオプション装備として、同車専用のセッティングを施した「ポルシェ トルクベクトリング プラス(PTV Plus)」やエアサスペンションなども用意されている。

動力性能は、高性能モデルのマカン ターボで0-100km/h加速が4.8秒、最高速が266km/h。オプションのスポーツクロノパッケージ装着車では、0-100km/h加速は4.6秒となる。また環境性能にも配慮しており、燃費は8.9リッター/100km(約11.2km/リッター)、CO2排出量は208g/kmを実現している(ともに欧州複合モード)。

(webCG)

 

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ マカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る