「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレード

2014.01.29 自動車ニュース
「BMW 420iクーペ スポーツ」
「BMW 420iクーペ スポーツ」
    拡大

「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレードが登場

BMWジャパンは2014年1月28日、2ドアクーペ「BMW 4シリーズ」に新グレードの「BMW 420iクーペ」を追加設定し、販売を開始した。

「420iクーペ Mスポーツ」
「420iクーペ Mスポーツ」 拡大
「420iクーペ ラグジュアリー」
「420iクーペ ラグジュアリー」
    拡大

BMW 420iクーペは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250-4500rpmの2リッター直4ターボエンジンを搭載した、4シリーズのエントリーグレードである。

トランスミッションは8段ATのみの設定で、アイドリングストップ機構や「ECO PROモード」を備えた可変制御機構「ドラインビング・パフォーマンス・コントロール」の採用などにより、16.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。

装備も充実しており、車速感応式パワーステアリング「サーボトロニック」や純正HDDナビゲーションシステム、電動フロントシートなどを標準で採用。車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、エマージェンシーブレーキからなる「ドライビングアシスト」も標準装備している。

価格は「420iクーペ スポーツ」が497万円、「420iクーぺ Mスポーツ」が517万円、「420iクーペ ラグジュアリー」が519万円。

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • BMW M8コンペティション/M8カブリオレ コンペティション【海外試乗記】 2019.10.14 試乗記 20年ぶりに復活したBMWの最上級スペシャルティーモデルをベースに、BMW M社がさらなるパフォーマンスアップの手を加えた「M8」。600PS級の4.4リッターV8ツインターボを搭載したニューモデルの出来栄えを、ポルトガルのアルガルヴェから報告する。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
ホームへ戻る