BMWが「4シリーズ グランクーペ」を公開

2014.02.03 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ グランクーペ」
「BMW 4シリーズ グランクーペ」 拡大

BMWが「4シリーズ グランクーペ」を公開

独BMWは2014年2月2日、「4シリーズ グランクーペ」の概要を発表した。

「4シリーズ クーペ」と同様に、サッシュレスドアを採用する。Cd値は0.274。
「4シリーズ クーペ」と同様に、サッシュレスドアを採用する。Cd値は0.274。 拡大
欧州仕様の場合、テールゲートには電動開閉機構が標準で備わる。
欧州仕様の場合、テールゲートには電動開閉機構が標準で備わる。 拡大
「4シリーズ グランクーペ」の室内。
「4シリーズ グランクーペ」の室内。 拡大

■テールゲートを備えた“4ドアクーペ”

4シリーズ グランクーペは、2ドアクーペとコンバーチブルに続く、4シリーズの3番目のバリエーション。ボディーには4枚のドアと荷室用のテールゲートが備わっており、クーペを思わせるスマートなスタイリングと高い実用性を両立させているのが特徴である。

ボディーサイズは全長4638×全幅1825×全高1389mm(欧州仕様のFR車)。全長と全幅は2ドアクーペと同値で、全高だけが12mm高い。また、ルーフパネルはクーペより後方に112mm延長されており、クーペ的なフォルムを維持しながら居住性を改善させている。

ラゲッジルームの容量はクーペより35リッター広い480リッター。リアシートを倒せば最大で1300リッターまで拡大することができる(容量はいずれもVDA法)。

モデルラインナップは、ガソリンが「435i」(3リッター直6ターボ:306ps)、「428i」(2リッター直4ターボ:245ps)、および「420i」(同:184ps)の3種類で、ディーゼルが「420d」(2リッター直4ターボ:184ps)と「418d」(同:143ps)の2種類。さらに2014年の夏には、直6ディーゼル搭載の「435d」と「430d」が加わる予定。

トランスミッションは、欧州では6段MTが標準で、8段ATはオプション扱いとなる。また、一部のモデルに4WDの「xDrive」が設定される。

(webCG)

→「BMW 4シリーズ グランクーペ」の写真はこちら。

関連キーワード:
4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ グランクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
ホームへ戻る