スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

2014.02.06 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ」
「スズキ・ソリオ」 拡大

スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

スズキは2014年2月6日、コンパクトカー「ソリオ」に「レーダーブレーキサポートII」をメーカーオプションとして設定し、販売を開始した。

ミリ波レーダー
ミリ波レーダー 拡大

「レーダーブレーキサポートII」とは、ミリ波レーダーで前方の車両を検知し、前方衝突警報機能と前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、および自動ブレーキ機能の3つの機能により、衝突の回避、もしくは衝突時の被害軽減を図るシステムである。

このほかにも、レーダーブレーキサポートII装着車には、エマージェンシーストップシグナルとESP、クルーズコントロールが装備される。

オプション価格は「X」「S」「BLACK&WHITE II」「バンディット」では6万8250円、X-DJE、S-DJE、BLACK&WHITE II-DJE、バンディット-DJEでは3万6750円。(ともに5%の消費税を含む)

(webCG)
 

関連キーワード:
ソリオ, ソリオ バンディット, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ソリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • スズキが「ソリオ」と「ソリオ バンディット」を一部改良 2018.7.2 自動車ニュース スズキは2018年7月2日、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」および「ソリオ バンディット」を一部改良し、同年7月20日に発売すると発表した。今回は、予防安全技術の機能強化や快適装備の拡充を図っている。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
ホームへ戻る