「プジョー3008」新たな顔で新発売

2014.02.18 自動車ニュース
「プジョー3008」
「プジョー3008」
    拡大

「プジョー3008」新たな顔で新発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月18日、マイナーチェンジが施された最新型の「3008」を、同年3月3日に発売すると発表した。


「プジョー3008」新たな顔で新発売の画像 拡大
新デザインのリアコンビランプ。
新デザインのリアコンビランプ。
    拡大
「グリップコントロール」のセレクトスイッチ。
「グリップコントロール」のセレクトスイッチ。
    拡大

「プジョー3008」新たな顔で新発売の画像 拡大

3008は、2010年6月に国内販売がスタートした、プジョーのクロスオーバーモデル。SUVを思わせる個性的なフォルムや、広い室内空間がセリングポイントとされている。

今回のマイナーチェンジでは、主にフロント周りのデザインが改められた。具体的には、「208」などにも見られる“フローティンググリル”が採用されたほか、ヘッドランプやエンブレム、バンパーなどの形状も変更された。また、多数のドットが特徴的だったリアコンビランプは、獅子の爪を思わせる起伏のあるものに。アルミホイールのデザインも変更された。

機能面では、従来のトラクションコントロールシステムを進化させたという「グリップコントロール」が見どころ。これは、センターコンソールにあるスイッチを操作することで、路面状況に合った走行特性が得られるというシステムで、モードは(OFFのほかに)ノーマル/スノー(雪道)/マッド(ぬかるみ)/サンド(砂地)から選択できる。

156psと24.5kgmを発生する1.6リッター直4ターボエンジンや6段AT、FFの駆動方式など、その他メカニズムに変更はない。

ラインナップは、エントリーモデルの「3008プレミアム」(329万円)と上級モデル「3008シエロ」(359万円)の2タイプ。上記の機関部分については共通だが、後者に限り、テップレザーを用いたシートや可倒式の助手席、カラーヘッドアップディスプレイといった装備が盛り込まれる。

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」の最後の限定車「ヴェローチェ スペチアーレ」発売 2021.2.2 自動車ニュース アルファ・ロメオのCセグメントコンパクト「ジュリエッタ」に特別仕様車「ヴェローチェ スペチアーレ」が登場。現行ジュリエッタの最後を飾る65台の限定モデルで、カーボン仕上げのエクステリア装飾や、イエローのアクセントカラーが特徴となっている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
ホームへ戻る