ボルボ「S60」「V60」「XC60」に新エンジン採用

2014.02.21 自動車ニュース
右から「ボルボS60」と「V60」「XC60」。
右から「ボルボS60」と「V60」「XC60」。
    拡大

ボルボ「S60」「V60」「XC60」に新エンジンを採用

ボルボ・カー・ジャパンは2014年2月20日、「S60」「V60」「XC60」に一部改良を実施し、販売を開始した。

■新開発の直噴ターボで燃費性能を改善

今回の改良ではXC60の「T5」「T5 SE」「T5 R-DESIGN」に、新開発の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンと8段ATを採用。またS60とV60には、同じパワーユニットを搭載した新グレード「T5 SE」「T5 R-DESIGN」を設定した。

このエンジンはボルボの新世代パワートレインである「Drive-E」シリーズの第1弾として開発されたもので、最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生。従来の2リッターターボエンジンより、5ps、3.1kgmずつ強化されている。

また、同エンジンの搭載車には、省燃費走行モードの「ECO+(エコプラス)モード」を採用。エンジンレスポンスやトランスミッションの変速タイミング、アイドリングストップ機構などの制御を切り替えることで、より燃料消費を抑えることを可能とした。特にアイドリングストップ機構については、ECO+モードを選択すると、減速時に車速が7km/h以下となった時点でエンジンがストップするようになっている。

さらに、ECO+モードでは高速走行時にコースティング走行を行う「ECO COAST(エコ・コースト)機能」が作動する。ボルボがこのシステムを採用したのは今回が初のことで、65~140km/hの車速域においてアクセルから足を離すと、エンジンとトランスミッションが切り離されてクルマが惰性で走行。無駄なエンジンブレーキを抑制することで、燃料消費を抑えることができる。

これらの技術の採用により、新エンジンの搭載車はS60で14.6km/リッター、V60で14.4km/リッター、XC60で13.6km/リッターの燃費を実現している(いずれもJC08モード)。

このほかにも、S60とV60のT5モデルでは、電動パワーステアリングを採用することで燃費性能を改善。また、新たに「LKA(レーンキーピング・エイド)」と縦列駐車支援機能の「パークアシスト・パイロット」が選択可能となった。

一方XC60では、3リッター直6ターボエンジン搭載車についてもラインナップを変更。「T6 AWD」「T6 AWD SE」「T6 AWD R-DESIGN」の3グレード構成とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

S60
・T4:379万円
・T4 SE:409万円
・T4 R-DESIGN:464万円
・T5 SE:434万円
・T5 R-DESIGN:489万円
・T6 AWD:539万円
・T6 AWD R-DESIGN:619万円

V60
・T4:399万円
・T4 SE:429万円
・T4 R-DESIGN:484万円
・T5 SE:454万円
・T5 R-DESIGN:509万円
・T6 AWD:559万円
・T6 AWD R-DESIGN:639万円

XC60
・T5:499万円
・T5 SE:559万円
・T5 R-DESIGN:614万円
・T6:599万円
・T6 SE:629万円
・T6 R-DESIGN:699万円

(文=webCG/写真=ボルボ・カー・ジャパン、荒川正幸、森山良雄)

関連キーワード:
S60, V60, XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • 「スバルXV」の大幅改良モデル登場 フロントマスクが新デザインに 2020.9.4 自動車ニュース スバルは2020年9月4日、クロスオーバーSUV「XV」の大幅改良モデルを発表した。同年10月8日に発売する。今回は内外装のブラッシュアップに加えて、足まわりのセッティングやパワートレインの制御を変更している。
ホームへ戻る