GMが「シボレー・キャプティバNAVI+」を発売

2014.03.28 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」
    拡大

GMが「シボレー・キャプティバNAVI+」を発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年3月28日、「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車「NAVI+」を設定し、同年4月1日に発売すると発表した。

キャプティバは、シボレーがラインナップする3列7人乗りのミドルサイズSUVである。今回の特別仕様車は「キャプティバ」「キャプティバ ラグジュアリー」の両グレードをベースに、カーナビゲーションシステムやバックアイカメラ、クロムドアミラーカバーなどを装備したものとなっている。

価格は「キャプティバNAVI+」が379万円、「キャプティバ ラグジュアリーNAVI+」が415万円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
ホームへ戻る