クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第233回:舞台裏の方がおもしろい?
トヨタ博物館のバックヤードに潜入

2014.04.04 エディターから一言
愛知県長久手市にあるトヨタ博物館。
愛知県長久手市にあるトヨタ博物館。
    拡大

モータージャーナリスト中村孝仁が、トヨタ博物館の収蔵車を保管するバックヤードに潜入。倉庫に眠るヒストリックカーのなかから、注目のクルマを紹介する。

バックヤードにずらりと並ぶ収蔵車。バックヤードは普段は公開されていないが、それでも収蔵車のなかには解説パネルが添えられているものがあった。ちなみに手前のモスグリーンの車両は「ピアスアロー・シリーズ36(1927年・アメリカ)」、その隣のブルーの車両は「キャデラック・シリーズ452A(1931年・アメリカ)」。
バックヤードにずらりと並ぶ収蔵車。バックヤードは普段は公開されていないが、それでも収蔵車のなかには解説パネルが添えられているものがあった。ちなみに手前のモスグリーンの車両は「ピアスアロー・シリーズ36(1927年・アメリカ)」、その隣のブルーの車両は「キャデラック・シリーズ452A(1931年・アメリカ)」。 拡大
こちらにはモータースポーツ関連の車両の姿が。手前は、本物のF1マシン……ではなくイベントなどに使われていたF1マシンの模型。コックピットに乗り込んで記念撮影ができるよう、ボディーの左側がカットされている。その奥にあるのは1970年の日本グランプリやCAN-AMレースに向けて開発された「トヨタ7」の5リッターターボ車。
こちらにはモータースポーツ関連の車両の姿が。手前は、本物のF1マシン……ではなくイベントなどに使われていたF1マシンの模型。コックピットに乗り込んで記念撮影ができるよう、ボディーの左側がカットされている。その奥にあるのは1970年の日本グランプリやCAN-AMレースに向けて開発された「トヨタ7」の5リッターターボ車。 拡大

倉庫に眠る貴重なクルマの数々

自動車博物館は、主として個人のコレクションからスタートしたものと、メーカーが運営するもの、公共の法人が経営するものに大別できる。このうち、メーカー系のミュージアムというのは基本的に自社の歴史をたどるもので、そのメーカーのモデルだけが展示されることが多い。ドイツを例に取れば、メルセデス・ベンツ・ミュージアムやBMWミュージアム、それにポルシェ・ミュージアムなどは、すべて自身にゆかりのあるモデルだけを展示している。

そんな中で、トヨタ博物館は自動車の歴史を体系的に展示する、メーカー系としては数少ないミュージアムの一つで、これに相当するミュージアムはアメリカのヘンリー・フォード博物館くらいしか知らない。

そのトヨタ博物館、現在所蔵するクルマはおよそ500台だそうである。しかしながら、実際に展示しているのはこのうち140台にすぎず、残りの360台ほどはいまだレストアされていないか、あるいは展示スペースの関係でバックヤードに眠っている。今回は、そんな日頃見ることのできないトヨタ博物館のバックヤードを見学することができた。

トヨタ博物館内の倉庫に眠る車両はおよそ80台。ここに入りきらないクルマは、別に借りた倉庫や、最近は工場内の一角に保管しているのだそうだ。果たしてどうやって展示車両を決定するのかは聞きそびれてしまったが、そのバックヤードに眠るモデルたちも貴重なものばかりであったので、その一端を紹介しよう。

トヨタ の中古車
 

ちょっと珍しいトヨタ車の姿も

「トヨペット・カスタムスポーツ」
「トヨペット・カスタムスポーツ」
    拡大

■ トヨペット・カスタムスポーツ
せっかくなので、まずはトヨタゆかりのクルマから。こちらは企画展などでたまに展示されることがあるモデルで、1960年に初代「トヨペット・クラウン」のシャシーをベースに開発されたもの。5台が生産されたそうだが、果たして何台現存しているかは不明。デザインを担当したのは後にレーシングカー「コニリオ・スポーツ」をデザインした濱 素紀氏である。

「トヨダAA型/トヨタAC型」
「トヨダAA型/トヨタAC型」
    拡大

■ トヨダAA型/トヨタAC型
奥の黒く塗られた個体が、トヨタ初の乗用車である「トヨダAA型」。これに続く2代目として1938年に誕生したのが、手前の「トヨタAC型」だった。つい先頃(2014年3月)、豊田喜一郎氏をモデルとしたテレビドラマが放映され、初期のトヨタ車がテレビに登場したが、その頃のエンジンはシボレーのコピーであった。このAC型も、やはりシボレーのものに倣った3.4リッター直6ユニットを搭載していた。115台が生産されている。

「トヨペット・クラウン」
「トヨペット・クラウン」
    拡大

■ トヨペット・クラウン
初代「クラウン」の最終型。戦後、国産の高級乗用車として初めて登場したのがクラウンだった。シングルナンバーのプレートはオリジナルで、新車時からつけられているものだという。日産や、日野、いすゞなどが外国メーカーと手を組んで自動車作りを始める中、トヨタだけは自前で車作りに取り組んでこのクラウンを生み出した。最終型は1.9リッターの直4 OHVユニットを搭載する。

「トヨタ2000GT」
「トヨタ2000GT」
    拡大

■ トヨタ2000GT
「トヨタ2000GT」は博物館にも展示されているが、バックヤードにも2台が佇(たたず)んでいた。ちなみに、このとき博物館に展示されていたのは左ハンドルの輸出仕様。そしてバックヤードにあったのはロードバーションが国内仕様。そしてもう一台は速度記録に挑戦した仕様のレプリカである。本来の速度記録挑戦車はすでに現存しておらず、これはそれを元に復元したものだ。

「トヨタMR2プロトタイプ」
「トヨタMR2プロトタイプ」
    拡大

■ トヨタMR2プロトタイプ
何かの企画展でもない限り、なかなか見ることのできないモデルがこれ。一目見れば「MR2」にまつわるクルマであることは理解できるだろうが、これはそのプロトタイプなのだ。MR2はトヨタにとって初めてリサーチ、デザインディベロップメント、プロダクション、すなわち調査、先行開発、商品化という3つのステージに分けて開発の行われたクルマとのこと。ちなみに、このプロトタイプは完全な手作りだ。

 

小林彰太郎氏にゆかりのあのクルマが……

「コニー・グッピー」


    「コニー・グッピー」
    拡大

■ コニー・グッピー
愛知機械工業の野心作。排気量は当時の規格いっぱいの360ccではなくわずか199ccというコンパクトなものであったが、フロントダブルウィッシュボーン、リアトレーリングアームという凝ったサスペンションを持つシャシーに、トルクコンバーター式の自動変速機(前進1段!)搭載という画期的メカニズムを持っていた。ただし時流には全く合わず、すぐに生産中止となった。本来はピックアップだったが、このクルマは販売店だった愛知ヂャイアントがオープンボディーに改装したものだという。

「ナッシュ・メトロポリタン」
「ナッシュ・メトロポリタン」
    拡大

■ ナッシュ・メトロポリタン
アメリカがテールフィン時代に突入し、クルマがどんどん巨大化していく中で企画された非常に珍しいモデルがこの「ナッシュ・メトロポリタン」だった。そのサイズ、たったの3797x1562x1384mmと現在のクルマの中でも非常にコンパクトなモデルである。しかし企画したナッシュにはこんなコンパクトなクルマ用のエンジンやトランスミッションはなく、もちろん足まわりもなかった。そこで、これを生産できるメーカーと手を組んだのだが、それがオースチンだったのである。つまりメカニズムは完全イギリス製のアメリカ車というわけだ。

「紅旗CA770」
「紅旗CA770」
    拡大

■ 紅旗CA770
中国のいわば要人専用モデルとして長く作られていたリムジンがこの「紅旗」と呼ばれるモデル。トヨタ博物館にあったのは第2世代に当たる「CA770」で、基本的には1963年から1980年までにおよそ1600台が生産されたといわれる。紅旗のオリジンはクライスラー。このCA770にも、クライスラーのV8ユニットをコピーしたエンジンが搭載されていた。

「タトラT11」
「タトラT11」
    拡大

■ タトラT11
最後はこちら。ポルシェ博士にも多大な影響を与えたという、旧オーストリア・ハンガリー帝国生まれのデザイナー、ハンス・レドヴィンカのデザインした空冷水平対向2気筒を搭載したモデル。実はこれ、かつて『カーグラフィック』編集長だった小林彰太郎氏が所有していたモデルだそうで、氏が亡くなる前々日のトークショーにおいても実際に展示されていたのだとか。


 

今年トヨタ博物館は25周年を迎え、数多くの記念イベントが開催される予定となっている。その中には、今回取材したバックヤードを学芸員とまわる「裏」案内ツアーも開催されるので、興味のある人は、ホームページをよく確かめた上で申し込んでみるといいだろう。

もちろん、学芸員の案内で博物館自体を見学することも可能。単に館内を見てまわるだけではなく、おもしろい裏話なども聞けて、いっそうミュージアムの世界を堪能することができるはず。見学がより楽しいものになるのではないだろうか。

(文と写真=中村孝仁)
 

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。