MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車

2014.04.18 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」
    拡大

MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車

BMWジャパンは2014年4月18日、「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」に特別仕様車「Black Knight(ブラックナイト)」を設定し、45台限定で販売を開始した。

「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」 拡大

MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車の画像 拡大

今回の特別仕様車は、最高出力218psを発生する高性能グレード「ジョンクーパーワークス」をベースに、エクステリアを専用にコーディネートしたものだ。

外装色はマットカラーの「フローズン・ブラック」で、通常は塗り分けられるルーフやミラーキャップも同色で統一。ヘッドランプにはブラックのリフレクターを採用している。

価格は「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」が502万円、「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」が508万円(価格はすべて8%の消費税込み)。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINIペースマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • 新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸 2020.9.30 自動車ニュース BMWジャパンは2020年9月30日、「MINIクロスオーバー」改良モデルの国内導入を発表した。納車開始は同年10月以降となる予定。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • 「スバル・フォレスター」に新グレード「スポーツ」登場 1.8リッターターボの最上級モデル 2020.10.22 自動車ニュース スバルが「フォレスター」の改良モデルを発表。新グレード「スポーツ」を追加した。同車はスポーティーで質感の高い走りを追求した新たな最上級グレードという位置づけで、1.8リッター直噴ターボエンジンや専用サスペンションなどを装備している。
ホームへ戻る