MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車

2014.04.18 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」
    拡大

MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車

BMWジャパンは2014年4月18日、「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」に特別仕様車「Black Knight(ブラックナイト)」を設定し、45台限定で販売を開始した。

「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」 拡大

MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車の画像 拡大

今回の特別仕様車は、最高出力218psを発生する高性能グレード「ジョンクーパーワークス」をベースに、エクステリアを専用にコーディネートしたものだ。

外装色はマットカラーの「フローズン・ブラック」で、通常は塗り分けられるルーフやミラーキャップも同色で統一。ヘッドランプにはブラックのリフレクターを採用している。

価格は「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」が502万円、「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」が508万円(価格はすべて8%の消費税込み)。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINIペースマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.9 試乗記 いまや、MINIの基盤といえる「3ドア」以上の人気モデルに成長した「5ドア」。ディーゼルの上級モデル「クーパーSD」をロングドライブに連れ出し、2度目のマイナーチェンジで進化し磨きがかけられた個性と、支持を集めるその理由を探った。
  • レクサスNX【開発者インタビュー】 2021.10.7 試乗記 2021年6月に初のフルモデルチェンジが発表された「レクサスNX」。都会派のミドルサイズSUVは、いかなる進化を遂げたのか。国内仕様の発表にあたり、チーフエンジニアの加藤武明さんにブランド変革の方向性も含めて話を聞いた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(後編) 2021.10.10 池沢早人師の恋するニューモデル 「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のステアリングを握り、前回のリポートで「薄味だ」との感想を漏らした漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。最高出力306PSを誇る高性能モデルを、なぜそのように評価したのか。続きをうかがった。
ホームへ戻る