「スバルBRZ」一部改良、乗り心地の質感を向上

2014.04.23 自動車ニュース
「スバルBRZ S」
「スバルBRZ S」 拡大

「スバルBRZ」一部改良、乗り心地の質感を向上

富士重工業は2014年4月22日、「スバルBRZ」に一部改良を実施し、同年6月27日に発売すると発表した。

今回の改良では、乗り心地の質感向上を目的に、フロントおよびリアのサスペンションダンパーのフリクション特性や減衰力特性を変更した。

また外装については、シャークフィンタイプのルーフアンテナを装備したほか、新色「WRブルー・パール」を含む3色のボディーカラーを新採用。
内装では、最上級グレード「S」にカーボン調デザインを施したインストゥルメントパネルや新デザインのアクセスキーを採用した。

グレードごとの価格は以下の通り。
・RA(6MT):212万7600円
・RA Racing(6MT):296万280円
・R(6MT):255万9600円
・R(6AT):262万9800円
・S(6MT):289万4400円
・S(6AT):297万5400円
※8%の消費税を含む

(webCG)

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
ホームへ戻る