「ポルシェ・マカン」に直4ターボモデルが登場

2014.04.23 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン」(写真は「マカンS」)
「ポルシェ・マカン」(写真は「マカンS」)
    拡大

「ポルシェ・マカン」に直4ターボモデルが登場

ポルシェ ジャパンは新型SUV「マカン」に直4ターボエンジンを搭載したエントリーグレードを設定し、2014年4月25日に予約受注を開始する。

 

マカンはポルシェの現行ラインナップにおける5番目のモデルとして、2013年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開されたSUVである。

今回予約受注を開始するのは、2014年の北京モーターショーで発表されたエントリーグレードの「マカン」。エンジンは2リッター直4直噴ターボで、237ps(174kW)の最高出力と35.7kgm(350Nm)の最大トルクを発生する。これに組み合わせるトランスミッションは7段デュアルクラッチ式ATのみ。車重は上級グレードの「マカンターボ」より150kgほど軽量に仕上がっている。

タイヤサイズは「マカンS」と同じで、前が235/60R18、後ろが255/55R18。オートマチックテールゲートやシフトパドル付きのマルチファンクションステアリングホイールを標準装備するほか、オプションでエアサスペンションも用意している。

ハンドル位置は右のみ。価格はマカンSより103万円安の、616万円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ マカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る