“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

2014.05.01 自動車ニュース

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年5月1日、ポールスター社と共同開発した特別限定車「ボルボS60ポールスター(Polestar)/V60ポールスター」の受注を開始した。

「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
「ボルボV60ポールスター」(写真は全て本国仕様車)
    拡大
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。
専用チューンが施された3リッター直6ターボエンジン。
    拡大

“走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売の画像 拡大
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
車体のリアエンドから顔をのぞかせる、専用のディフューザーとステンレス製エキゾーストシステム。
    拡大
「ボルボS60ポールスター」
「ボルボS60ポールスター」
    拡大

セダンの「S60ポールスター」とワゴンの「V60ポールスター」は、ボルボとそのモータースポーツ活動を支えるポールスター社が共同で開発した、ハイパフォーマンスな“量産型コンプリートカー”だ。

ベースとなるのは、S60/V60ともに、カタログモデルの「T6 AWD R-DESIGN」。この3リッター直6ターボエンジンを、ボルグワーナー製のツインスクロールターボやインタークーラー、専用コンピューターなどでチューン。専用のステンレス製エキゾーストシステムも採用し、350ps/5700rpmと51.0kgm/2800-4750rpmのアウトプットを実現した。
本国仕様のデータによれば、S60/V60ポールスターの0-100km/h加速タイムは、4.9秒。最高速度はリミッターで250km/hに制限されている。

トランスミッションは6段ATに限られるが、シフトプログラムは専用のものとなる。
ハルデックスの4WDシステムも、より積極的に後輪への駆動配分を行う専用品に。さらに、スタビリティーコントロールシステムにも専用チューンが施される。

足まわりの強化メニューは、以下の通り。
・オーリンズ製ショックアブソーバー
・強化型のスプリング(スプリングレートは80%アップ)
・ベンチレーテッドブレーキディスク(フロント:371mm/リア:302mm)
・ブレンボ製6ピストンブレーキキャリパー(フロント)
・ポールスター専用20インチアルミホイール

専用のフロントスポイラーやリアディフューザー、スポーツステアリングホイール、スポーツシートなどで、内外装もドレスアップされる。

価格(消費税8%含む)と販売台数は、以下の通り。
・S60ポールスター(30台):799万円
・V60ポールスター(60台):819万円

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • 「スバルXV」の大幅改良モデル登場 フロントマスクが新デザインに 2020.9.4 自動車ニュース スバルは2020年9月4日、クロスオーバーSUV「XV」の大幅改良モデルを発表した。同年10月8日に発売する。今回は内外装のブラッシュアップに加えて、足まわりのセッティングやパワートレインの制御を変更している。
ホームへ戻る