スバル「フォレスター」により豪華な特別仕様車

2014.05.27 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」
    拡大

スバル「フォレスター」により豪華な特別仕様車

富士重工業は2014年5月27日、SUV「フォレスター」に特別仕様車「2.0XT EyeSight Advantage Line(アドバンテージライン)」を設定し、5月30日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、2リッターターボエンジンを搭載したフォレスターの最上級グレード「2.0XT EyeSight」をベースに、内外装をより上質な仕様としたものである。

具体的な内容は、以下の通り。

■エクステリア
・18インチアルミホイール(ハイラスター塗装)
・サテンメッキドアミラー

■インテリア
・ウルトラスエードシート(ブルーステッチ)
・ウルトラスエードドアトリム(ブルーステッチキルト加飾)
・スライド機構付きコンソールリッド(ブルーステッチ)
・高級本革巻きステアリングホイール(ダークキャストメタリック加飾)
・ブルーメタリックドレープ加飾パネル
・シルバーリング付きピアノブラック調エアコンスイッチ

ボディーカラーは「サテンホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「ダークグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「ディープシーブルー・パール」「ヴェネチアンレッド・パール」の全6色。価格は307万4760円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
ホームへ戻る