スポーティーな装いのルノー・ルーテシア登場

2014.05.18 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア パック スポール」
「ルノー・ルーテシア パック スポール」
    拡大

スポーティーな装いの「ルノー・ルーテシア」登場

ルノー・ジャポンは2014年5月18日、コンパクトカー「ルーテシア」に特別仕様車「パック スポール」を設定し、同年5月22日から50台限定で販売を行うと発表した。

今回の特別仕様車は、ルーテシアの中間グレード「ゼン」をベースに、「ルノー伝統のレーシングデザインを融合させた」という、専用の内外装デザインを採用したものである。

具体的な装備の内容は、以下の通り。
・「SPORT」デカール(ボンネット/ルーフ/左右フロントドア)
・16インチ ブラックアロイホイール
・クロムフィニッシャー
・パックデザイン スポール(ステアリング/左右エアコンフィニッシャー)

ボディーカラーは「ジョン エクレール」(30台)、「ノワール エトワールメタリック」(20台)の2色。価格は226万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る