MINIの主役は「ロードスター」【デトロイトショー2012】

2011.12.16 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】MINIの主役は「ロードスター」

独BMWは、2012年1月9日に開幕する北米国際オートショー(通称デトロイトショー)に、MINI初の2シーターオープンモデル「ロードスター」を出展する。

「ロードスター」の登場により、MINIブランドは6種類の車型をそろえることになる。すでに存在するオープンモデル「コンバーチブル」との違いは、あちらが4シーターであるのに対し、こちらは2シーターとなるところ。小さなボディーでありながら、リアデッキを持つ3ボックススタイルを実現している。また、Aピラーを寝かせ、全高をコンバーチブルよりも20mm低くすることで、スタイリングはよりスポーティーな雰囲気が強められている。

エンジンは1.6リッター直4自然吸気から2リッター直4ディーゼルターボまで、「MINIクーペ」と同じ4タイプが用意される。その中には、200psオーバーの「ジョンクーパーワークス」も含まれている。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
MINIロードスター, MINI, デトロイトモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
  • フロントマスクを刷新! 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」がマイナーチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース BMWが「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルを発表。大幅に変更されたフロントマスクが特徴で、インテリアでもサーフェスやエアコン吹き出し口など各部の意匠を変更。デジタルメーターを採用するなど、装備もアップデートしている。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
  • 専用デザインで内外装をドレスアップした「MINIコンバーチブル」の特別仕様車登場 2020.11.2 自動車ニュース BMWジャパンは2020年10月30日、「MINIコンバーチブル」に特別仕様車「Sidewalk Edition(サイドウォークエディション)」を設定、同日に販売を開始した。専用外装色として、深い海や海辺の空を想起させる「ディープラグナブルーメタリック」も用意している。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
ホームへ戻る