第67回:世界を変えたスモールカー「Mini」
スエズ危機が生んだ英国の小さな巨人

2020.01.30 自動車ヒストリー 革新的な設計により自動車史に名を残す名車となった「Mini(ミニ)」。小型大衆車の基礎を築いた英国の“小さな巨人”は、どのような経緯で誕生したのか? その背景には、かわいらしい姿からは想像もつかないような不穏な国際情勢と、不世出のエンジニアの存在があった。

石油不足でバブルカーが人気に

「MINI」はオシャレで都会的なコンパクトカーとして人気となっている。3ドアと5ドアのハッチバックから、ワゴンやクロスオーバー、コンバーチブルまでラインナップを広げており、ポップなデザインセンスが女性からも好評だ。しかし、出自をたどると別の側面が見えてくる。このクルマを生み出したのは、きな臭い国際情勢だった。

1956年10月29日、イスラエル軍がシナイ半島に侵攻する。イギリス軍とフランス軍も呼応するようにして出兵し、スエズ運河を占拠していたエジプト軍に撤退するよう圧力をかけた。エジプトは19世紀末にイギリスの保護国となっていたが、第1次大戦後に独立を果たしていた。それでもスエズ運河はイギリスが支配を続けていたのである。非同盟主義を掲げるエジプトのナセル大統領は1956年7月に運河の国有化を発表し、ソ連から資金援助を受けて英仏に対抗した。

ナセル打倒で利害の一致したイギリス・フランス・イスラエルの3国は、圧倒的な戦力でエジプトを追い詰めた。しかし、アメリカがソ連と共同で停戦を求め、国連も停戦決議を採択する。国際世論に屈する形で3国は撤退し、スエズ運河はエジプトの管理下に置かれることになった。ナセルはアラブ民族主義のリーダーとして名を上げ、英仏の威信は失墜。エジプト軍はスエズ運河に船を沈めて封鎖し、支援の意を明確にしたシリアがペルシャ湾から地中海につながるパイプラインを切断する。石油の輸送を妨げられたヨーロッパは、経済的にも混乱に陥った。

この「スエズ危機」は、自動車にも大きな影響を及ぼすことになる。石油の供給に不安を抱いた人々は、ガソリン消費量の少ない“バブルカー”を求めた。エンジンは単気筒や2気筒の2ストロークで排気量は200~300cc、全長は2メーター半程度というミニマムな簡易自動車である。乗車定員は、多くの場合2名だった。バブルカーは、ドイツのメッサーシュミットやハインケル、イタリアのイソなどが製造していた。

1959年製「モーリス・ミニ マイナー」(左)と、2019年製「MINIクーパー60Years Edition」。今日、MINIはBMW傘下のいちブランドとして存続している。
1959年製「モーリス・ミニ マイナー」(左)と、2019年製「MINIクーパー60Years Edition」。今日、MINIはBMW傘下のいちブランドとして存続している。拡大
ドイツの航空機メーカー、メッサーシュミットが1955年にリリースした「KR200」。オープントップのカブリオレも用意されていた。(写真:Newspress)
ドイツの航空機メーカー、メッサーシュミットが1955年にリリースした「KR200」。オープントップのカブリオレも用意されていた。(写真:Newspress)拡大
BMWがイタリアのイソからライセンス生産権と生産設備を入手し、1955年に生産を開始した「BMWイセッタ」。英国では税制面で優遇される三輪モデルが販売された。
BMWがイタリアのイソからライセンス生産権と生産設備を入手し、1955年に生産を開始した「BMWイセッタ」。英国では税制面で優遇される三輪モデルが販売された。拡大
英国製バブルカーの数少ない例のひとつである「トロージャン200」。当時すでに旧式となっていた独ハインケルの「カビーネ」を、トロージャンがライセンス生産したものだった。
英国製バブルカーの数少ない例のひとつである「トロージャン200」。当時すでに旧式となっていた独ハインケルの「カビーネ」を、トロージャンがライセンス生産したものだった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル 2021.5.25 画像・写真 マイナーチェンジが施された、3タイプのMINI(3ドア/5ドア/コンバーチブル)が上陸。2021年5月25日、国内での販売がスタートした。その発表会場に並べられた、最新型の姿を写真で紹介する。
  • 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデル発売 2021.5.25 自動車ニュース BMWジャパンは2021年5月25日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」を発売した。最新型は内外装のデザインが改められるとともに、運転支援システムやコネクテッド機能が強化されている。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
  • 「フィアット500/500C」に新グレード登場 内外装をリフレッシュ 2021.5.25 自動車ニュース FCAジャパンは2021年5月25日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に新グレード「Cult(カルト)」ならびに「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定し、同年6月5日に発売すると発表した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る