第67回:世界を変えたスモールカー「Mini」
スエズ危機が生んだ英国の小さな巨人

2020.01.30 自動車ヒストリー 革新的な設計により自動車史に名を残す名車となった「Mini(ミニ)」。小型大衆車の基礎を築いた英国の“小さな巨人”は、どのような経緯で誕生したのか? その背景には、かわいらしい姿からは想像もつかないような不穏な国際情勢と、不世出のエンジニアの存在があった。

石油不足でバブルカーが人気に

「MINI」はオシャレで都会的なコンパクトカーとして人気となっている。3ドアと5ドアのハッチバックから、ワゴンやクロスオーバー、コンバーチブルまでラインナップを広げており、ポップなデザインセンスが女性からも好評だ。しかし、出自をたどると別の側面が見えてくる。このクルマを生み出したのは、きな臭い国際情勢だった。

1956年10月29日、イスラエル軍がシナイ半島に侵攻する。イギリス軍とフランス軍も呼応するようにして出兵し、スエズ運河を占拠していたエジプト軍に撤退するよう圧力をかけた。エジプトは19世紀末にイギリスの保護国となっていたが、第1次大戦後に独立を果たしていた。それでもスエズ運河はイギリスが支配を続けていたのである。非同盟主義を掲げるエジプトのナセル大統領は1956年7月に運河の国有化を発表し、ソ連から資金援助を受けて英仏に対抗した。

ナセル打倒で利害の一致したイギリス・フランス・イスラエルの3国は、圧倒的な戦力でエジプトを追い詰めた。しかし、アメリカがソ連と共同で停戦を求め、国連も停戦決議を採択する。国際世論に屈する形で3国は撤退し、スエズ運河はエジプトの管理下に置かれることになった。ナセルはアラブ民族主義のリーダーとして名を上げ、英仏の威信は失墜。エジプト軍はスエズ運河に船を沈めて封鎖し、支援の意を明確にしたシリアがペルシャ湾から地中海につながるパイプラインを切断する。石油の輸送を妨げられたヨーロッパは、経済的にも混乱に陥った。

この「スエズ危機」は、自動車にも大きな影響を及ぼすことになる。石油の供給に不安を抱いた人々は、ガソリン消費量の少ない“バブルカー”を求めた。エンジンは単気筒や2気筒の2ストロークで排気量は200~300cc、全長は2メーター半程度というミニマムな簡易自動車である。乗車定員は、多くの場合2名だった。バブルカーは、ドイツのメッサーシュミットやハインケル、イタリアのイソなどが製造していた。

1959年製「モーリス・ミニ マイナー」(左)と、2019年製「MINIクーパー60Years Edition」。今日、MINIはBMW傘下のいちブランドとして存続している。
1959年製「モーリス・ミニ マイナー」(左)と、2019年製「MINIクーパー60Years Edition」。今日、MINIはBMW傘下のいちブランドとして存続している。拡大
ドイツの航空機メーカー、メッサーシュミットが1955年にリリースした「KR200」。オープントップのカブリオレも用意されていた。(写真:Newspress)
ドイツの航空機メーカー、メッサーシュミットが1955年にリリースした「KR200」。オープントップのカブリオレも用意されていた。(写真:Newspress)拡大
BMWがイタリアのイソからライセンス生産権と生産設備を入手し、1955年に生産を開始した「BMWイセッタ」。英国では税制面で優遇される三輪モデルが販売された。
BMWがイタリアのイソからライセンス生産権と生産設備を入手し、1955年に生産を開始した「BMWイセッタ」。英国では税制面で優遇される三輪モデルが販売された。拡大
英国製バブルカーの数少ない例のひとつである「トロージャン200」。当時すでに旧式となっていた独ハインケルの「カビーネ」を、トロージャンがライセンス生産したものだった。
英国製バブルカーの数少ない例のひとつである「トロージャン200」。当時すでに旧式となっていた独ハインケルの「カビーネ」を、トロージャンがライセンス生産したものだった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
ホームへ戻る