「DS3/DS4」にラグジュアリーな特別限定車

2014.05.28 自動車ニュース
「シトロエンDS3 Faubourg Addict」
「シトロエンDS3 Faubourg Addict」
    拡大

「シトロエンDS3/DS4」にラグジュアリーな特別限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年5月28日、3ドアハッチバック「DS3」の1.2リッターモデルと4ドアクーペ「DS4」の1.6リッターモデルに限定車「Faubourg Addict(フォーブール・アディクト)」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。

「DS3 Faubourg Addict」のリアビュー。
「DS3 Faubourg Addict」のリアビュー。
    拡大
こちらは4ドアモデル「DS4 Faubourg Addict」。
こちらは4ドアモデル「DS4 Faubourg Addict」。
    拡大
「DS4 Faubourg Addict」のシートカラーは、「クリオロ」と呼ばれるダークブラウン。今回の限定車だけで選べる色だ。
「DS4 Faubourg Addict」のシートカラーは、「クリオロ」と呼ばれるダークブラウン。今回の限定車だけで選べる色だ。
    拡大

Faubourg Addictのネーミングは、フランス・パリの高級ブランドが立ち並ぶ「フォーブール・サントノレ通り」に由来するもの。大統領執務室などもあるこの高級エリアに集う、ハイセンスで洗練された人々をAddictする(=夢中にさせる)モデルとうたわれる。

エクステリアは、DS3/DS4ともに、2012年の北京ショーに出展されたコンセプトカー「Numéro 9(ニュメロ・ヌフ)」にインスパイアされたという深い紫色のボディーカラー「Whisper(ウィスパー)」や、DSモノグラムのルーフステッカー、DSモノグラムのグラデーションが施されたドアミラーが特徴。
さらにDS3には17インチのツートーングレーアロイホイールが、DS4にはカラーサイドモールディングが備わる。

インテリアについては、DS3にはバケットタイプのミストラルレザーシートとカーボテックダッシュボードが、DS4には最高級レザーを使用したクラブレザーシートが与えられる。

各モデルの販売台数と価格は、以下の通り。
・DS3 Faubourg Addict(100台限定):270万円
・DS4 Faubourg Addict(80台限定):351万円

(webCG)

関連キーワード:
DS3, DS4, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン DS3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
ホームへ戻る