「メルセデスSクラス」に豪華装備のV12モデル

2014.06.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS600ロング」
「メルセデス・ベンツS600ロング」
    拡大

「メルセデス・ベンツSクラス」に豪華装備のV12モデル

メルセデス・ベンツ日本は2014年6月10日、メルセデスの旗艦モデル「Sクラス」に12気筒モデル「S600ロング」を追加設定したほか、ラインナップや装備設定を見直し、販売を開始した。

 

■メルセデス自慢の先進装備を標準で採用

S600ロングは、最高出力530ps、最大トルク84.6kgmを発生する6リッターV12直噴ツインターボエンジンを搭載した新グレードである。

内外装も一部が特別な仕様となっており、エクステリアでは専用6ツインルーバーグリルと19インチ5ツインスポークアルミホイールを採用。一方インテリアでは、各所にダイヤモンドステッチを施した最高級ナッパレザーや、木目素材の「designoサンバーストブラウンマートルウッド」をあしらっている。

また、43.5度までリクライニング可能なエグゼクティブリアシートなど、後席の快適性を高める「ショーファーパッケージ」を標準で採用。前方の路面の凹凸をステレオマルチパーパスカメラで捉え、瞬時にサスペンションのダンピングを制御する「マジックボディコントロール」や、ミリ波レーダーとステレオカメラによる安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」などの先進装備も搭載している。

■左ハンドル仕様のラインナップを強化

このほかのグレードについても改良や変更を実施している。具体的な内容は、以下の通り。

・S400ハイブリッド
左ハンドル仕様を追加。オプションの「ラグジュアリーパッケージ」にタッチパッドやリアシートヒーターを、「AMGスポーツパッケージ」にはヘッドアップディスプレイを採用した。

・S400ハイブリッド エクスクルーシブ
左ハンドル仕様を追加。タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備したほか、オプションのAMGスポーツパッケージにヘッドアップディスプレイを、リアシートコンフォートパッケージに後席専用クライメートコントロールを採用した。

・S550ロング
タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備。オプションのAMGスポーツパッケージにヘッドアップディスプレイを採用した。

・S63 AMGロング/S63 AMG 4MATICロング
タッチパッドやプライバシーガラスを標準装備。オプションのAMGダイナミックパッケージにヘッドアップディスプレイを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・S400ハイブリッド:1090万円
・S400ハイブリッド エクスクルーシブ:1307万円
・S550ロング:1590万円
・S600ロング:2250万円
・S63 AMGロング:2410万円
・S63 AMG 4MATICロング:2410万円
・S65 AMGロング:3200万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
ホームへ戻る