1.2リッターの新型「MINI ONE」国内販売始まる

2014.07.01 自動車ニュース
「MINI ONE」(写真は欧州仕様車)
「MINI ONE」(写真は欧州仕様車)
    拡大

1.2リッターターボの新型「MINI ONE」国内販売始まる

BMWジャパンは2014年7月1日、「MINI」のエントリーモデル「MINI ONE(ワン)」の新型を発売した。


1.2リッターの新型「MINI ONE」国内販売始まるの画像 拡大

1.2リッターの新型「MINI ONE」国内販売始まるの画像 拡大
(※写真をクリックすると、より多くの写真が見られます)
(※写真をクリックすると、より多くの写真が見られます)
    拡大

MINI ONEは、3ドアハッチバックのMINIにおける、エントリーモデル。今回発売された最新型は、これまでの1.6リッター直4エンジンに代えて、より排気量の小さな1.2リッター直3ターボエンジンが搭載されており、先代モデルより約10%向上した燃費性能(MT車で20.2km/リッター)や、豊富な快適装備・安全装備がセリングポイントとなっている。

2014年4月に3代目となる新型MINIの国内販売がスタートして以来、ラインナップが1.5リッター直3ターボの「MINIクーパー」と2リッター直4ターボの「MINIクーパーS」、上級モデル2車種に限られていたところに、3カ月遅れて最廉価モデルが加えられたことになる。

MINI ONEほか新型MINIシリーズの価格は、以下の通り。

・MINI ONE(6MT):226万円
・MINI ONE(6AT):240万円
・MINIクーパー(6MT):266万円
・MINIクーパー(6AT):280万円
・MINIクーパーS(6MT):318万円
・MINIクーパーS(6AT):332万円

新しいMINI ONEのデリバリー開始時期は、2014年7月末が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る