「シボレー・ソニック」に期間限定の特別仕様車

2014.07.01 自動車ニュース
「シボレー・ソニック」
「シボレー・ソニック」 拡大

「シボレー・ソニック」に期間限定の特別仕様車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年7月1日、コンパクトカー「シボレー・ソニック」の特別仕様車「NAVI+α」を、9月30日までの期間限定で発売した。

 

今回のソニック NAVI+αは、2014年4月に発売した特別仕様車「ソニック NAVI+」の装備を、より充実させたものである。

具体的な特別装備の内容は、以下の通り。
・ナビ+バックアイカメラ
・リアバンパーステッププレート
・スカッフプレート
・ショートアンテナ
・ドリンクホルダープレート(ドリンクホルダーの底部に装着するアルミ製のプレート)

価格は205万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ソニック, シボレー, 自動車ニュース

シボレー ソニック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • 第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ 2020.7.3 マッキナ あらモーダ! 世界各地で華々しく導入されたものの、今ひとつパッとしなかった「トヨタiQ」。しかし2020年現在、新天地を見つけて再起を図っているというウワサがある。最新の状況を大矢アキオがリポートする。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
ホームへ戻る