SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売

2014.07.07 自動車ニュース
「BMW Z4 sDrive20i GT Spirit」。フロント・バンパーに貼付されている「Mストライプ・ステッカー」は展示イベント用のもの。
「BMW Z4 sDrive20i GT Spirit」。フロント・バンパーに貼付されている「Mストライプ・ステッカー」は展示イベント用のもの。
    拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売

BMWジャパンは2014年7月7日、2シーターオープンモデル「BMW Z4」に特別仕様車「Z4 sDrive20i GT Spirit(スピリット)」を設定し、60台の台数限定で予約受注を開始した。

岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2014の開幕戦において、2位入賞を果たした「Studie BMW Z4」の「BMW Z4 GT3」。
岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2014の開幕戦において、2位入賞を果たした「Studie BMW Z4」の「BMW Z4 GT3」。
    拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

今回の特別仕様車は、2014年4月5日~6日に開催されたSUPER GTの開幕戦において、「BMW Z4 GT3」がGT300クラスで1-2フィニッシュを飾ったことを記念したモデルである。

2リッター直4ターボエンジンを搭載した「sDrive20i Mスポーツ」をベースに、特別な内外装デザインを採用したもので、ブラックのキドニーグリルや、通常はオプション扱いの19インチMライト・アロイ・ホイール、リアディフューザーなどを標準装備している。

これらを含む、具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・ブラック・フロントキドニーグリル
・リアディフューザー
・Mライト・アロイホイール・ダブルスポークスタイリング326M(前: 8J×19ホイール+225/35R19タイヤ/後ろ:9J×19ホイール+255/30R19タイヤ<ともにランフラットタイヤ>)
・デザイン・ピュア・トラクション(アルカンターラ/レザー・コンビネーション・インテリア<シートカラー:ブラック/オレンジ、インテリアカラー:ブラック>、メタルウィーヴ・インテリアトリム)
・アルミニウムペダルセット

ボディーカラーは「アルピン・ホワイト」のみ。価格は609万円。

(webCG)

関連キーワード:
Z4, BMW, 自動車ニュース

BMW Z4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • アウディe-tron 50クワトロSライン(4WD)【試乗記】 2021.3.29 試乗記 アウディの電気自動車ラインナップに正統派SUVスタイルの「e-tron 50クワトロ」が追加設定された。駆動用バッテリーの容量や動力性能は先に導入された「e-tronスポーツバック55クワトロ」よりも控えめになっているが、果たして実際の使い勝手はどうなのか。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る