SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売

2014.07.07 自動車ニュース
「BMW Z4 sDrive20i GT Spirit」。フロント・バンパーに貼付されている「Mストライプ・ステッカー」は展示イベント用のもの。
「BMW Z4 sDrive20i GT Spirit」。フロント・バンパーに貼付されている「Mストライプ・ステッカー」は展示イベント用のもの。
    拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売

BMWジャパンは2014年7月7日、2シーターオープンモデル「BMW Z4」に特別仕様車「Z4 sDrive20i GT Spirit(スピリット)」を設定し、60台の台数限定で予約受注を開始した。

岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2014の開幕戦において、2位入賞を果たした「Studie BMW Z4」の「BMW Z4 GT3」。
岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT 2014の開幕戦において、2位入賞を果たした「Studie BMW Z4」の「BMW Z4 GT3」。
    拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

SUPER GTでの活躍を記念した「BMW Z4」発売の画像 拡大

今回の特別仕様車は、2014年4月5日~6日に開催されたSUPER GTの開幕戦において、「BMW Z4 GT3」がGT300クラスで1-2フィニッシュを飾ったことを記念したモデルである。

2リッター直4ターボエンジンを搭載した「sDrive20i Mスポーツ」をベースに、特別な内外装デザインを採用したもので、ブラックのキドニーグリルや、通常はオプション扱いの19インチMライト・アロイ・ホイール、リアディフューザーなどを標準装備している。

これらを含む、具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・ブラック・フロントキドニーグリル
・リアディフューザー
・Mライト・アロイホイール・ダブルスポークスタイリング326M(前: 8J×19ホイール+225/35R19タイヤ/後ろ:9J×19ホイール+255/30R19タイヤ<ともにランフラットタイヤ>)
・デザイン・ピュア・トラクション(アルカンターラ/レザー・コンビネーション・インテリア<シートカラー:ブラック/オレンジ、インテリアカラー:ブラック>、メタルウィーヴ・インテリアトリム)
・アルミニウムペダルセット

ボディーカラーは「アルピン・ホワイト」のみ。価格は609万円。

(webCG)

関連キーワード:
Z4, BMW, 自動車ニュース

BMW Z4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)【試乗記】 2012.2.20 試乗記 BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)
    ……647万8000円

    2.5リッター直6搭載の「sDrive23i」に置き換わる形で登場した「sDrive20i」。新しい2リッター直4ターボは、「Z4」にどんな個性を与えたのか。
ホームへ戻る