「トヨタGRスープラ」の生産を手がける
マグナ・シュタイヤーってどんな会社?

2019.04.17 デイリーコラム

本格オフローダーからEVまで

「メルセデス・ベンツGクラス」をはじめ、「BMW 5シリーズ」「BMW Z4」「ジャガーEペース」に電気自動車の「Iペース」、そして「トヨタGRスープラ」……。これらに共通するものが何かおわかりだろうか。

実はこれらはすべて、マグナ・シュタイヤーのオーストリア・グラーツ拠点で生産されているクルマだ。なぜ現在、自国に自動車メーカーを持たないオーストリアで自動車製造を手がけているのか。それは、1900年代初頭からグラーツで自動車製造を手がけていたシュタイヤーヴェルケ(Steyr-werke)とプフヴェルケ (Puch-werke)の2社に端を発する。そして1935年、軍用車両である「ゲレンデヴァーゲン」(現在のGクラスのルーツ)をダイムラーと共同開発するために設立されたのが合弁会社のシュタイヤー・ダイムラー・プフ(Steyr-Daimler-Puch)だった。

以来、現在に至るまでGクラスはメルセデスの工場ではなくこのグラーツで生産されている。その後、ここでさまざまなブランドのクルマが生産されてきた。1998年にはシュタイヤー・ダイムラー・プフがカナダに本社を構える世界有数のメガサプライヤー、マグナ・インターナショナルの傘下となったことで、2001年に社名が現在のマグナ・シュタイヤーへと変更された。同社はマグナ・インターナショナルが世界中に持つ拠点の中で最も大きく、また唯一完成車を生産している。

100年以上も自動車製造を手がけている同社の特徴は、車両製造のみならず、システムやエンジニアリングなど、自動車メーカーさながらの開発ノウハウを持っていること。マグナ・インターナショナルは、ボディー&シャシーやパワートレイン、エクステリアやシート、エレクトロニクスなど7グループを有しており、その気になれば自社ブランドで自動車を造ることが可能だ(実際にコンセプト車両の開発は手がけているようだが)。しかし、独自のブランドを持たず複数のメーカーの車両を同時並行で製造している。内燃機関を持つ既存の自動車からハイブリッド車、ジャガーのような電気自動車までを受託生産する。これまでに29車種、350万台以上を生産してきたという。

マグナ・シュタイヤーのグラーツ工場をラインオフする「トヨタGRスープラ」の第1号車。
マグナ・シュタイヤーのグラーツ工場をラインオフする「トヨタGRスープラ」の第1号車。拡大
「トヨタGRスープラ」の開発関係者。グラーツ工場にて。
「トヨタGRスープラ」の開発関係者。グラーツ工場にて。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る