「スープラ」と「Z4」はどっちがおトク?
兄弟スポーツカーのコスパについて考える

2019.05.31 デイリーコラム

もやもや気になる2台の価格差

ついに国内でも正式発表された新型「スープラ」は、いうまでもなくBMWの「Z4」と兄弟車である。内外装デザインはそれぞれ専用で、バネレートやダンパー、制御プログラムなどの“味つけ”の領域はそれぞれ独自であるいっほうで、プラットフォームや車体の基本骨格、パワートレインなどの主要ハードウエアは両車共通。そしてオーストリアにあるマグナ・シュタイヤーの工場で混流生産される。

そんな2台の表層デザイン以外での最大のちがいは「クローズドクーペかオープンロードスターか」という車体形式であり、タイヤやエンジンなどの性能部分では意図的な差別化はされていないし、内外装の調度品も意匠やメニューに多少の差はありつつも、質感などでスープラがとくに安普請な印象もない。

……となると、だれもが気になるのは、やっぱり価格だ。この点は日本における両社の新車価格相場からも「少なくとも日本ではスープラのほうが安いらしい」と事前にささやかれていたが、実際にもそのとおりとなった。

新型スープラの日本仕様には3つのグレードがあり、2リッター4気筒搭載グレードが2種類、3リッター6気筒が1種類である。というわけで、スープラ各グレードとZ4の価格を、できるだけ主観を排除した机上の計算“だけ”で比較してみたいと思う。

2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。


	2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。
	拡大
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。拡大
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」発表会の会場から 2019.5.17 画像・写真 2019年5月17日、トヨタのFRスポーツカー「スープラ」の新型が国内で発売された。発表の場となった東京・青海のMEGA WEBには、歴代のスープラもずらり勢ぞろい。カスタマイズカーやコンセプトカーも並んだ会場の様子をリポートする。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る