クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「スープラ」と「Z4」はどっちがおトク?
兄弟スポーツカーのコスパについて考える

2019.05.31 デイリーコラム

もやもや気になる2台の価格差

ついに国内でも正式発表された新型「スープラ」は、いうまでもなくBMWの「Z4」と兄弟車である。内外装デザインはそれぞれ専用で、バネレートやダンパー、制御プログラムなどの“味つけ”の領域はそれぞれ独自であるいっほうで、プラットフォームや車体の基本骨格、パワートレインなどの主要ハードウエアは両車共通。そしてオーストリアにあるマグナ・シュタイヤーの工場で混流生産される。

そんな2台の表層デザイン以外での最大のちがいは「クローズドクーペかオープンロードスターか」という車体形式であり、タイヤやエンジンなどの性能部分では意図的な差別化はされていないし、内外装の調度品も意匠やメニューに多少の差はありつつも、質感などでスープラがとくに安普請な印象もない。

……となると、だれもが気になるのは、やっぱり価格だ。この点は日本における両社の新車価格相場からも「少なくとも日本ではスープラのほうが安いらしい」と事前にささやかれていたが、実際にもそのとおりとなった。

新型スープラの日本仕様には3つのグレードがあり、2リッター4気筒搭載グレードが2種類、3リッター6気筒が1種類である。というわけで、スープラ各グレードとZ4の価格を、できるだけ主観を排除した机上の計算“だけ”で比較してみたいと思う。

2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。


	2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。
	拡大
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。拡大
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。拡大
トヨタ スープラ の中古車

形の違いをどう見るか

まず、それぞれの最上級グレードである。スープラのそれは「RZ」で690万円、Z4が「M40i」で835万円。ともに6気筒エンジンを積んで、そのエンジン性能もぴたりと同じ。さらにADAS(先進安全運転支援システム)やその他の安全および走り関連の主要ハイテクも、ともにほぼフルで標準装備しつつも、本体価格の額面ではBMWが145万円高となる。

ただ、さらに細かく見ると、Z4では5万4000円のオプションとなる12スピーカーサラウンドシステム(BMWではharman/kardon、トヨタではJBLとブランド名を使い分ける)がスープラRZでは標準装備だから、これを足すと価格差は約150万円となる。

ただ、Z4にしかない電動ソフトトップは価格の上積み要因である。ちなみに同じBMWのケースだと「4シリーズ」における「カブリオレ」は「クーペ」比で97万円高となっているが、Z4のソフトトップはもっと簡便で小さい。そこで同じミドルクラスの2座スポーツカーを例にとると「アウディTT」では「ロードスター」が「クーペ」の16万円高、「ポルシェ718ケイマン/ボクスター」の場合はケイマンとボクスターで39万円の価格差がある。

スープラとZ4では内外装デザインが別物なので、本来はもっと価格に開きがあっても不思議ではない。ただ、スープラの特徴的なリアフェンダー形状は「BMWでは経験がないほどの深絞り(担当者談)」だそうで、マグナ・シュタイヤーの工場でも対応できず、スープラのリアフェンダーのみ別のサプライヤーから部品で供給されるのだという。このようにスープラの車体のほうが凝った部分もあり、それらを相殺して、今回のスープラとZ4における“基礎価格差”を今回は40万円としたい。

「スープラ」の最上級グレード「RZ」。外観上の他グレードとの識別点は、専用デザインの19インチホイールや100mm径のデュアルエキゾーストパイプ。
「スープラ」の最上級グレード「RZ」。外観上の他グレードとの識別点は、専用デザインの19インチホイールや100mm径のデュアルエキゾーストパイプ。拡大
今回は、ボディー形状や車体構造に起因する基本的な価格差を40万円と見積もったうえで「スープラ」と「Z4」を比較した。写真はソフトトップを上げた状態のZ4。
今回は、ボディー形状や車体構造に起因する基本的な価格差を40万円と見積もったうえで「スープラ」と「Z4」を比較した。写真はソフトトップを上げた状態のZ4。拡大
「BMW Z4 M40i」のコックピット周辺部。
「BMW Z4 M40i」のコックピット周辺部。拡大
こちらは「スープラRZ」のインテリア。スイッチ類のレイアウトや形状には「Z4」との類似性が見られるものの、全体的なデザインは独自のテイストでまとめられている。
こちらは「スープラRZ」のインテリア。スイッチ類のレイアウトや形状には「Z4」との類似性が見られるものの、全体的なデザインは独自のテイストでまとめられている。拡大

差額も計算次第だが……

というわけで、スープラRZとZ4 M40iで許される価格差は計算上は40万円なのに、実際のそれは150万円。あえて意地悪に机上で計算すると「Z4の最上級モデルであるM40iは、スープラのRZより約110万円割高な設定」ということになるわけだ。

逆にスープラでもっとも安価な正札を提げる「SZ」はご想像のとおり、仕様や装備内容でいうと、Z4のエントリーグレード「sDrive20i」に近い。エンジンはともに197ps/320Nmの2リッター4気筒で、本体価格はスープラSZが490万円、Z4 sDrive20iが566万円。額面ではZ4が76万円高いが、前記の基礎価格差を差し引いた実質的な価格差は36万円となる。

しかし、ADAS系装備が全車フル標準となるスープラに対して、Z4のsDrive20iではアダプティブクルーズコントロールが単純なクルーズコントロールに格下げになるほか、アダプティブLEDヘッドライトやリアカメラも省かれる。いっぽうで、Z4ではシートヒーターや10スピーカーオーディオ(スープラは4スピーカー)などのSZにない装備が加わるから、スープラSZの装備充実度は差し引きで約20万円分といったところか。これに先ほどの基礎価格差も加えると「エントリーモデルでは56万円ほどスープラが割安?」という計算になる。

最後にスープラで真ん中となる「SZ-R」は“ほぼ最上級のシャシーと軽量エンジンの組み合わせ”で、トヨタの担当テストドライバーもイチオシするグレードだそうである。

大きく張り出したリアフェンダーは、新型「スープラ」の特徴的なディテールのひとつ。担当したデザイナーも「思わずなでまわしたくなるようなデザインを目指した」と力説する。
大きく張り出したリアフェンダーは、新型「スープラ」の特徴的なディテールのひとつ。担当したデザイナーも「思わずなでまわしたくなるようなデザインを目指した」と力説する。拡大
今回はコストパフォーマンスの要素に挙げていないが、荷室の広さも両車で異なる。ちなみに「スープラ」(写真)は290リッター。
今回はコストパフォーマンスの要素に挙げていないが、荷室の広さも両車で異なる。ちなみに「スープラ」(写真)は290リッター。拡大
「Z4」の荷室容量は281リッターと公表される。ソフトトップの収納スペースは別途確保されているため、ルーフの開閉で容量が変わることはない。
「Z4」の荷室容量は281リッターと公表される。ソフトトップの収納スペースは別途確保されているため、ルーフの開閉で容量が変わることはない。拡大

チューニングの差も見逃せない

そんなスープラSZ-Rの本体価格は590万円。装備内容だけを見ると、Z4でこれにもっとも近いのは4気筒で最上級の「sDrive20i Mスポーツ(以下、Mスポーツ)」である。そのMスポーツの本体価格は665万円だから、額面上はスープラの75万円高、基礎価格差を差し引いた実質的な価格差は35万円高となる。

Z4との装備や仕様内容の差は前記の2グレードより明確に大きい。SZ-RとMスポーツではまずエンジン性能からちがう。Z4の4気筒は現時点ですべて197ps/320Nmの同一チューンだが、スープラSZ-Rの2リッター4気筒はそれに61ps/80Nmの上乗せとなる。これはBMWでいうと「sDrive30i」と呼ぶべきチューンであり、似たような例でいうと、BMWの「420i」と「430i」では120万円以上の価格差がつけられている。

これだけの性能差があれば、BMWでなくとも100万円は上乗せするのが業界の通例だ。まあ、どちらもエンジン本体は同じだからそこまでの価格アップは心情的にもやりすぎの感があるが、その半分の50万円増しなら良心的な値付けといってもらえるだろう。

スープラのSZ-Rではこれ以外にも、アダプティブLEDヘッドライト(ハイビームアシストを含む)、ヘッドアップディスプレイ、12スピーカーサラウンドシステム、そして電子制御可変ダンパーに電子制御デフ……といったMスポーツではオプションの装備が標準。これだけでも50万円はくだらないだろう。というわけで、中間モデルのスープラSZ-Rは、35万円という実質的な価格差に装備とエンジン性能分の計100万円を足して「Z4のMスポーツより135万円割安」と認定したい。

「スープラ」用の2リッター直4ターボエンジンは、チューンの異なる2種類が用意される。写真は「SZ-R」用のもので、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発生する。
「スープラ」用の2リッター直4ターボエンジンは、チューンの異なる2種類が用意される。写真は「SZ-R」用のもので、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
「トヨタ・スープラSZ-R」。写真は国内発表会で展示されたもの。
「トヨタ・スープラSZ-R」。写真は国内発表会で展示されたもの。拡大

日本はやっぱりスープラがお得?

こうして、あくまでクルマのハードウエアや仕様内容を客観的に計算すると、日本での新型スープラは兄弟車のZ4と比較すると「装備や仕様を考えると56~135万円は割安」という結論となる。

もっとも、クルマの価格は“原価+利益”といった単純な計算式で決まるものではない。たとえば市場や地域ごとの事情(販売台数やそもそものクルマの平均価格など)、あるいはヒエラルキー(共通設計の1.5リッターと1.3リッターエンジンがあったとして、生産台数などまで考えると1.3リッターのほうが原価が安いとはかぎらないが、クルマ本体は1.5リッターのほうを安くはできない)、そしてブランド料に輸入関税やその他のクルマ関連税……と、そのパラメーターはじつに複雑怪奇だ。

だから、新型スープラとZ4の価格関係も地域や市場によって異なる。たとえば、北米ではZ4のM40iのスタートプライスが6万3700ドルなのに対して、同じエンジンを積むスープラ(の充実装備のローンチエディション)のそれが5万5250ドル。細かい装備は日本とは異なるが、その差は邦貨換算で100万円弱である。対して欧州の、たとえば英国仕様の場合は、そもそもスープラの6気筒モデルは日本円で700万円を大きく超える設定であり、本体価格はM40iより高かったりするのだ。

こうしてみると、世界的には必ずしもスープラがZ4より明確に安いとはかぎらず、トヨタのおひざ元である日本は、やはり「新型スープラがZ4比でもっとも割安に買える国のひとつ」とはいえそうだ。

何度もいうが、これはあくまで机上の空論にして、新型スープラの実車に触れられるまでのヒマつぶし(?)。それにしても、クルマ選びはこうして、ああだこうだ……とカタログを眺めている時間がいちばん楽しい。

(文=佐野弘宗/写真=荒川正幸、webCG/編集=関 顕也)

新型「スープラ」は、オーストリアにあるマグナ・シュタイヤー社のグラーツ工場で生産される。輸入後は、トヨタの元町工場での最終検査を経てデリバリー。オーダーから納車までの期間は、現時点で8カ月とされている。
新型「スープラ」は、オーストリアにあるマグナ・シュタイヤー社のグラーツ工場で生産される。輸入後は、トヨタの元町工場での最終検査を経てデリバリー。オーダーから納車までの期間は、現時点で8カ月とされている。拡大
「Z4」のセリングポイントは、なんといってもオープンエアモーターリングが楽しめること。その価格設定は、国によっては「スープラ」よりも安くなる。
「Z4」のセリングポイントは、なんといってもオープンエアモーターリングが楽しめること。その価格設定は、国によっては「スープラ」よりも安くなる。拡大
トヨタ・スープラRZ
トヨタ・スープラRZ拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ スープラ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。