「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

2014.07.10 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアGT」
「ルノー・ルーテシアGT」
    拡大

「ルノー・ルーテシア」に新たなスポーツモデル

ルノー・ジャポンは2014年7月10日、「ルーテシアGT」の販売を開始すると発表した。

■専用のシャシーと走行モード切り替えシステムを採用

「ルーテシアGT」はルノーのCセグメントハッチバック車「ルーテシア」の新しいスポーツグレードである。

1.2リッター直噴ターボエンジンに関しては、最高出力120ps、最大トルク19.4kgmというアウトプットはそのままだが、新たに「ノーマル」「スポーツ」の2つの走行モードを選択できる「R.S.ドライブ」を搭載。また、足まわりには同社のモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手掛けた「GT専用シャシー」を採用しており、他のグレードと比べ、フロントサスペンションのスプリングレートを40%、ダンパー減衰力を30%高めている。

内外装も専用にコーディネートしており、外装にはLEDランプを備えた専用デザインのフロントバンパーや、グレーメタリックのリアアンダープロテクター、リアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどを装備している。一方内装には、「ルーテシア ルノー・スポール」と同形状のスポーツシートや、専用のレザーステアリングホイール、滑り止めラバー付きアルミペダルなどを採用。シートやステアリングホイールなどにはGTのロゴをあしらっている。

これらを含む同車の装備は、以下の通り。

■走行性能
・GT専用R.S.ドライブ(ノーマル、スポーツの2モード)
・G専用シャシー(フロントスプリングレート:ベースグレード比+40%、フロントダンパー減衰力:同+30%)

■エクステリア
・フロントGTロゴ
・GT専用フロントバンパー
・フロントLEDランプ
・GT専用17インチアロイホイール
・ボディー同色サイドプロテクションモール(グレーメタリックフィニッシャー付き)
・グレーメタリックドアミラー
・GT専用クロムデュアルエキゾーストパイプ
・GT専用グレーメタリックリアアンダープロテクター
・GTバッジ(リアハッチ)
・R.S.リアスポイラー

■インテリア
・グレーメタリックインテリアトリム
・GTロゴ入りスポーツシート
・パドルシフト
・GTロゴ入り専用レザーステアリング
・滑り止めラバー付きアルミペダル
・ダッシュボードR.S.ロゴ
・R.S.ロゴ入りキッキングプレート

ボディーカラーは「ブルー マルト メタリック」「ルージュ フラム メタリック」「ブラン グラシエ」「ノワール エトワール メタリック」の4色。価格は259万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る