オープンの「ガヤルド」に後輪駆動モデル

2011.12.08 自動車ニュース

オープンの「ランボルギーニ・ガヤルド」に後輪駆動モデル登場

ランボルギーニ・ジャパンは2011年12月8日、オープントップのスーパースポーツ「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー」の日本導入を発表。同日に発売した。

これまで4WDモデルしか選べなかった「ランボルギーニ・ガヤルド」のオープンバージョン「スパイダー」に、新たに後輪駆動の「ガヤルドLP550-2 スパイダー」が加えられた。

基本的なメカニズムは他の「スパイダー」シリーズと共通ながら、「(駆動方式がMRになったため)意図したとおりのテールスライドに持ち込むことができる」というのがセリングポイント。
一方で、後輪駆動用に再調整されたESPが乗員の安全を確保する。ダンパーや5.2リッターV10エンジンについても、4WDモデルとは異なるセッティングが施されている。

エンジンのスペックは、最高出力550ps/8000rpm、最大トルク55.0kgm/6500rpm。パワーは、先に日本で販売されているオープンの4WDモデル「ガヤルドLP570-4 スパイダー Performante」(570ps)や「ガヤルドLP560-4 スパイダー」(560ps)に一歩ゆずるが、6段AT「e-gear」を介し、0-100km加速=4.2秒、最高速度=319km/hのハイパフォーマンスを発揮する。

「常にマシンをコントロールして力強い走りを楽しみたいドライバーにとって、完璧なパートナーになる」と、ランボルギーニも自信を見せる「ガヤルドLP550-2 スパイダー」。
価格は、2443万5600円。デリバリー開始は2012年春が予定されている。

(webCG 関)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー」 拡大

オープンの「ガヤルド」に後輪駆動モデルの画像 拡大

オープンの「ガヤルド」に後輪駆動モデルの画像 拡大

オープンの「ガヤルド」に後輪駆動モデルの画像 拡大

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)【海外試乗記(中編)】 2003.7.4 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)

    2003年のジュネーブショーでデビューした“ベイビィ”ランボこと「ガヤルド」。イタリアはローマの北、バレルンガ・サーキットで同車に乗った『webCG』記者が報告する。エンジンは? ギアボックスは?


  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 【トミカショップオリジナル】ランボルギーニ・ムルシエラゴ 2017.9.13 トミカ大写真展 V12エンジンをミドシップ搭載したランボルギーニのフラッグシップモデルとして、2001年に登場した「ムルシエラゴ」。アウディの傘下となったランボルギーニが最初にリリースしたニューモデルであり、最高速は330km/h以上という高い動力性能を誇った。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
ホームへ戻る