「日産ノートNISMO」2014年秋にデビュー

2014.07.24 自動車ニュース
「日産ノートNISMO」
「日産ノートNISMO」
    拡大

「日産ノートNISMO」2014年秋にデビュー

日産自動車は2014年7月23日、同年秋の発売が予定されるコンプリートカー「ノートNISMO」を公開した。


 

発売時期は、2014年の秋が予定されている。
発売時期は、2014年の秋が予定されている。
    拡大
専用デザインのバンパーやルーフスポイラーが目を引くリアビュー。
専用デザインのバンパーやルーフスポイラーが目を引くリアビュー。
    拡大
フロントホイール。特徴的な10スポークの意匠が採用される。
フロントホイール。特徴的な10スポークの意匠が採用される。
    拡大

日産とRECARO社が共同開発した、「RECARO製スポーツシート」。


    日産とRECARO社が共同開発した、「RECARO製スポーツシート」。
    拡大

「日産ノートNISMO」2014年秋にデビューの画像 拡大

今回公開されたノートNISMOは、日産のモータースポーツ部門を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)が開発したコンプリートカー。
同様の車両は、2013年2月に発売された「ジュークNISMO」をはじめ、「フェアレディZ NISMO」(2013年6月)、「マーチNISMO」(2013年12月)、「GT-R NISMO」(2014年2月)の計4モデルがラインナップされており、ノートNISMOは、その“第5弾”にあたる。

同社によれば、ノートNISMOのグレード展開は、洗練されたスポーティーなデザインで自己表現をしたいユーザーや、スポーティーな走りと低燃費を両立させたいドライバーを対象とした「NISMO」と、モータースポーツで培われたパフォーマンスを自分のものにしたいスポーツドライビング志向のユーザーに向けた「NISMO S」の2種類になる予定。

ともに、ボディー剛性の強化をはじめとする、車体、パワートレイン、タイヤ、サスペンション、空力などのトータルチューニングによる、「バランスの取れた優れた運動性能」がセリングポイントで、内外装にも、専用のフロントグリルやフロントパンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、ルーフスポイラー、NISMOレッドの電動格納式リモコンカラードドアミラー、専用スポーツシートなどがおごられる。
このうちNISMO Sには、専用チューンを施したエンジンと5段マニュアルトランスミッション、専用スポーツシートが標準で与えられ、日産とRECARO社が共同開発した「RECARO製スポーツシート」がオプション設定される見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
ホームへ戻る