スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

2014.07.24 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」 拡大

スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

メルセデス・ベンツ日本は2014年7月24日、スマートの電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」に特別仕様車「フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック/エディションホワイト」を設定。80台の限定で発売した。

ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。
ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。 拡大
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。 拡大

今回の特別限定車は、“ピュアEV”であるスマート・フォーツー エレクトリックドライブをベースに、特別なカラーリングを施したモデルだ。

車体の基本骨格をなす「トリディオンセーフティセル」とボディーパネルは、ブラックあるいはホワイトで統一され、シンプルかつモダンなスタイリングが表現される。
一方、インテリアカラーには、鮮やかなデザインレッドを採用。ウインカー、ワイパーブレードレバーエンドキャップ、メーターカウルなどにもレッドのアクセントパーツが配される。

ラインナップは、ブラックボディーのエディションブラックと、ホワイトボディーのエディションホワイトの2タイプ。
価格はともに302万円で、販売台数はそれぞれ40台ずつとなる。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー エレクトリックドライブ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー エレクトリックドライブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場 2014.9.12 自動車ニュース 「スマート・フォーツー」にミッキーマウスがテーマの限定モデル登場。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】 2011.8.17 自動車ニュース 独ダイムラーは2011年8月16日、電気自動車(EV)である「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ(ED)」の新型をフランクフルトショーに出展すると発表した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る