スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

2014.07.24 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック」 拡大

スマートのEVに特別なカラーリングの限定車

メルセデス・ベンツ日本は2014年7月24日、スマートの電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」に特別仕様車「フォーツー エレクトリックドライブ エディションブラック/エディションホワイト」を設定。80台の限定で発売した。

ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。
ホワイト系のカラーリングをまとう、「フォーツー エレクトリックドライブ エディションホワイト」。 拡大
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。
ビビッドな印象を与えるデザインレッドのインテリアが採用される。 拡大

今回の特別限定車は、“ピュアEV”であるスマート・フォーツー エレクトリックドライブをベースに、特別なカラーリングを施したモデルだ。

車体の基本骨格をなす「トリディオンセーフティセル」とボディーパネルは、ブラックあるいはホワイトで統一され、シンプルかつモダンなスタイリングが表現される。
一方、インテリアカラーには、鮮やかなデザインレッドを採用。ウインカー、ワイパーブレードレバーエンドキャップ、メーターカウルなどにもレッドのアクセントパーツが配される。

ラインナップは、ブラックボディーのエディションブラックと、ホワイトボディーのエディションホワイトの2タイプ。
価格はともに302万円で、販売台数はそれぞれ40台ずつとなる。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー エレクトリックドライブ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー エレクトリックドライブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【パリモーターショー2016】ドイツブランドからはEVコンセプトが続々! 2016.10.3 自動車ニュース 2016年のパリモーターショーに参加したドイツブランドからは、数多くの電気自動車(EV)コンセプトが発表された。しかも、ただのショーカーではなく、近い未来において、本気の販売を予感させるモデルが多いのも驚くべき点だ。
  • 軽自動車になった「スマート」発売 2001.10.30 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、2シーター・シティコミューター「スマートクーペ」の右ハンドル仕様車と、軽自動車「スマートK」を、2001年10月24日に発売した。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
ホームへ戻る