アウディA8/S8の装備が充実 燃費向上も

2014.08.18 自動車ニュース
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
    拡大

「アウディA8/S8」の装備が充実 燃費向上も

アウディ ジャパンは2014年8月18日、フラッグシップセダン「A8」「S8」の仕様・装備を見直し、同年8月20日に発売すると発表した。

 

今回の仕様変更により、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガードや、自動ステアリング修正機能付きのアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなどがセットになった「Audiプレセンスパッケージ」が、アウディA8/S8に標準装備となった(「A8ハイブリッド」はオプション設定)。

さらに「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」には、「フルレザーパッケージ」を標準化。スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを搭載する「A8 3.0 TFSIクワトロ」は、ECUの変更などにより、これまで10.4km/リッターだった燃費値(JC08モード)が12.5km/リッターへと向上した。
また、オプションのラインナップに「プライバシーガラス」が追加された。

A8/S8のラインナップと価格は以下の通り。

・A8 3.0 TFSIクワトロ:1048万円
・A8 4.0 TFSIクワトロ:1315万円
・A8 L 4.0 TFSIクワトロ:1505万円
・A8 L 4.0 W12クワトロ:2145万円
・S8:1706万円
・A8ハイブリッド:998万円

(webCG)

関連キーワード:
A8, S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • 「ポルシェ911ターボ」の予約注文受け付けがスタート 最高出力は先代モデル比+40PSの580PS 2020.7.16 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年7月16日、「911ターボ」およびオープンモデルの「911ターボ カブリオレ」の予約注文受け付けを開始した。日本で販売されるのは、右ハンドルの8段AT(PDK)車となる。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸 2020.7.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年7月15日、新型のコンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)」の国内導入を発表し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る