アウディA8/S8の装備が充実 燃費向上も

2014.08.18 自動車ニュース
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
    拡大

「アウディA8/S8」の装備が充実 燃費向上も

アウディ ジャパンは2014年8月18日、フラッグシップセダン「A8」「S8」の仕様・装備を見直し、同年8月20日に発売すると発表した。

 

今回の仕様変更により、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガードや、自動ステアリング修正機能付きのアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなどがセットになった「Audiプレセンスパッケージ」が、アウディA8/S8に標準装備となった(「A8ハイブリッド」はオプション設定)。

さらに「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」には、「フルレザーパッケージ」を標準化。スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを搭載する「A8 3.0 TFSIクワトロ」は、ECUの変更などにより、これまで10.4km/リッターだった燃費値(JC08モード)が12.5km/リッターへと向上した。
また、オプションのラインナップに「プライバシーガラス」が追加された。

A8/S8のラインナップと価格は以下の通り。

・A8 3.0 TFSIクワトロ:1048万円
・A8 4.0 TFSIクワトロ:1315万円
・A8 L 4.0 TFSIクワトロ:1505万円
・A8 L 4.0 W12クワトロ:2145万円
・S8:1706万円
・A8ハイブリッド:998万円

(webCG)

関連キーワード:
A8, S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.16 試乗記 最新のAIアクティブサスを搭載したアウディの旗艦「A8」に試乗。20以上ものセンサーを用いて路面を先読みし、ラグジュアリーカーの滑らかな乗り心地からスポーツカーのような引き締まったハンドリングまで幅広い走行特性を実現するという足まわりの仕上がりは?
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • 第17回:アウディA8(前編) 2018.12.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 驚くほどに精緻な造り込みにより、常に時代に先んじてきた大型セダン「アウディA8」。アウディは4代目となる新型でどのような世界観を切り開こうとしているのか? あるいは、そのデザインは行き詰まってしまっているのか? 現役のカーデザイナーが心象を語る。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
ホームへ戻る