アウディA8/S8の装備が充実 燃費向上も

2014.08.18 自動車ニュース
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
「アウディA8 4.0 TFSIクワトロ」
    拡大

「アウディA8/S8」の装備が充実 燃費向上も

アウディ ジャパンは2014年8月18日、フラッグシップセダン「A8」「S8」の仕様・装備を見直し、同年8月20日に発売すると発表した。

 

今回の仕様変更により、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガードや、自動ステアリング修正機能付きのアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなどがセットになった「Audiプレセンスパッケージ」が、アウディA8/S8に標準装備となった(「A8ハイブリッド」はオプション設定)。

さらに「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」には、「フルレザーパッケージ」を標準化。スーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを搭載する「A8 3.0 TFSIクワトロ」は、ECUの変更などにより、これまで10.4km/リッターだった燃費値(JC08モード)が12.5km/リッターへと向上した。
また、オプションのラインナップに「プライバシーガラス」が追加された。

A8/S8のラインナップと価格は以下の通り。

・A8 3.0 TFSIクワトロ:1048万円
・A8 4.0 TFSIクワトロ:1315万円
・A8 L 4.0 TFSIクワトロ:1505万円
・A8 L 4.0 W12クワトロ:2145万円
・S8:1706万円
・A8ハイブリッド:998万円

(webCG)

関連キーワード:
A8, S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(前編) 2021.4.1 谷口信輝の新車試乗 高級サルーンの代名詞的存在である「メルセデス・ベンツSクラス」が7代目に進化。走り慣れたワインディングロードで早速ステアリングを握った谷口信輝だったが、その反応は何やらいつもとは違うようで……。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.16 試乗記 最新のAIアクティブサスを搭載したアウディの旗艦「A8」に試乗。20以上ものセンサーを用いて路面を先読みし、ラグジュアリーカーの滑らかな乗り心地からスポーツカーのような引き締まったハンドリングまで幅広い走行特性を実現するという足まわりの仕上がりは?
ホームへ戻る