よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】

2011.12.06 自動車ニュース

【ボローニャモーターショー2011】よりスポーティーな「アバルト595」が登場

伊フィアットは、第36回ボローニャモーターショー(一般公開日:2011年12月3日〜11日)で、「アバルト500」ベースのスポーティーな派生モデル「595トゥーリズモ」と「595コンペティツィオーネ」を発表した。

「アバルト595」は「500」をベースに、よりパワフルに仕立てられたモデル。IHI製のターボチャージャーを備えた1.4リッター直4は、エンジンカスタマイズキットの装着により160psを発生。「スポーツモード」選択時に、3000rpmで23.5kgmの最大トルクに達する。最高速は211km/h、0-100km/h加速は7.4秒。燃費は15.4km/リッター(欧州複合サイクル)と発表されている。

グレードは「トゥーリズモ」と「コンペティツィオーネ」の2種類が用意される。「トゥーリズモ」は、スポーツ性を志向しながらも、快適でパーソナルな空間を求めるユーザーに向けた仕様という。ギアボックスはATモード付き5段シーケンシャルトランスミッションが標準で搭載され、黒いレザーステアリングの背後にシフトパドルが用意される。シートは赤いレザーが張られたスポーツタイプとなる。

一方、「コンペティツィオーネ」は、よりスポーツ志向でエンスージアスティックなユーザーに向けた仕様という。トランスミッションは5段MTとなり、チタンカラーに塗られた17インチアルミホイールの間から、黄色いブレンボ製ブレーキキャリパーがのぞく。室内にはレザーとアルカンターラが組み合わされたサベルト製の「アバルト コルサ」スポーツシートが装着され、レーシーな雰囲気を盛り上げている。

(webCG 竹下)

「アバルト595トゥーリズモ」
「アバルト595トゥーリズモ」 拡大
「アバルト595トゥーリズモ」
「アバルト595トゥーリズモ」 拡大
 
よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】の画像 拡大
「アバルト595コンペティツィオーネ」
「アバルト595コンペティツィオーネ」 拡大
 
よりスポーティーな「アバルト595」が登場【ボローニャモーターショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
595ツーリズモ, 595コンペティツィオーネ, アバルト, イベント, 自動車ニュース

アバルト 595ツーリズモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
ホームへ戻る