ボルボS60/V60に安全機能満載の特別仕様車

2014.08.19 自動車ニュース
ボルボの「S60 T4 R-DESIGN PLUS」(写真左)と「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
ボルボの「S60 T4 R-DESIGN PLUS」(写真左)と「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大

「ボルボS60/V60」に安全機能満載の特別仕様車

ボルボ・カー・ジャパンは2014年8月19日、セダン「S60」とワゴン「V60」の特別仕様車「T4 R-DESIGN PLUS」を発売した。

「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大
「S60 T4 R-DESIGN PLUS」
「S60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大
「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車に与えられる、ブルーの専用エンブレム(写真左)
「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車に与えられる、ブルーの専用エンブレム(写真左)
    拡大

S60/V60 T4 R-DESIGN PLUSは、専用仕立ての内外装と足まわりを持つ1.6リッターのスポーティーモデル「T4 R-DESIGN」がベースの特別仕様車。

歩行者・サイクリスト検知機能付きの追突回避・軽減フルオートブレーキシステム「ヒューマン・セーフティ」や、「全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「LDW(レーンデパーチャーウォーニング)」、「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」など、通常オプション扱いとなる10種類の安全機能が、標準で与えられる。

価格は以下の通り。(カッコ内は、ベースモデルとの差額)
・S60 T4 R-DESIGN PLUS:459万円(-18万2571円)
・V60 T4 R-DESIGN PLUS:479万円(-18万8285円)

また、両モデルの購入特典として、1.6リッター直4ターボエンジンのアウトプットを向上させる(180ps→200ps、24.5kgm→29.1kgm)「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が無償で提供される。

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
ホームへ戻る