ボルボS60/V60に安全機能満載の特別仕様車

2014.08.19 自動車ニュース
ボルボの「S60 T4 R-DESIGN PLUS」(写真左)と「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
ボルボの「S60 T4 R-DESIGN PLUS」(写真左)と「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大

「ボルボS60/V60」に安全機能満載の特別仕様車

ボルボ・カー・ジャパンは2014年8月19日、セダン「S60」とワゴン「V60」の特別仕様車「T4 R-DESIGN PLUS」を発売した。

「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
「V60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大
「S60 T4 R-DESIGN PLUS」
「S60 T4 R-DESIGN PLUS」
    拡大
「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車に与えられる、ブルーの専用エンブレム(写真左)
「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車に与えられる、ブルーの専用エンブレム(写真左)
    拡大

S60/V60 T4 R-DESIGN PLUSは、専用仕立ての内外装と足まわりを持つ1.6リッターのスポーティーモデル「T4 R-DESIGN」がベースの特別仕様車。

歩行者・サイクリスト検知機能付きの追突回避・軽減フルオートブレーキシステム「ヒューマン・セーフティ」や、「全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「LDW(レーンデパーチャーウォーニング)」、「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」など、通常オプション扱いとなる10種類の安全機能が、標準で与えられる。

価格は以下の通り。(カッコ内は、ベースモデルとの差額)
・S60 T4 R-DESIGN PLUS:459万円(-18万2571円)
・V60 T4 R-DESIGN PLUS:479万円(-18万8285円)

また、両モデルの購入特典として、1.6リッター直4ターボエンジンのアウトプットを向上させる(180ps→200ps、24.5kgm→29.1kgm)「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が無償で提供される。

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • BMW R18ファーストエディション(MR/6MT)【レビュー】 2020.11.13 試乗記 1.8リッターという大排気量ボクサーエンジンを搭載したBMWの新しいモーターサイクル「R18」。ネオレトロという言葉では表しきれない美しいクルーザーは、航空機産業を出自とする、BMWの歴史をも感じさせるライドフィールの持ち主だった。
ホームへ戻る