装備充実&特別な内外装の「ランクル」が登場

2014.08.25 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザーZX“Bruno Cross”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“Bruno Cross”」 拡大

装備充実&特別な内外装の「トヨタ・ランドクルーザー」が登場

トヨタ自動車は2014年8月25日、SUV「ランドクルーザー」に、特別仕様車「ZX“Bruno Cross(ブルーノ・クロス)”」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「ランドクルーザー70系」のデビュー30周年を記念したもので、専用にコーディネートされた内外装や、より充実した装備などが特徴となっている。

ベースとなったのはランドクルーザーの最上級グレードにあたる「ZX」で、エクステリアではハイグロス塗装のアルミホイールや、メッキ加飾のサイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー、シルバーのルーフレールなどを装備。一方インテリアには、サドルタンのプレミアムナッパ本革シートや、ウォルナット調の木目加飾(ステアリングホイール/ヒーターコントロールパネル/オーナメントパネル/シフトノブ)を採用している。

装備については、通常はオプション扱いのクールボックスを標準で採用。車両のスイッチやスマートキーからバックドアの全開、全閉、一時停止を操作できる、パワーバックドアも備わる。またランドクルーザー70系の誕生30周年を記念した特別アイテムとして、専用のスマートキー、本革キーケース、本革車検証入れが用意される。

ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「シルバーメタリック」「グレーメタリック」「ブラック」「アティチュードブラックマイカ」「ダークレッドマイカメタリック」「ベージュマイカメタリック」の全7色。価格は684万3273円。

(文=webCG/写真=向後一宏)
 

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)【試乗記】 2021.10.9 試乗記 いまや、MINIの基盤といえる「3ドア」以上の人気モデルに成長した「5ドア」。ディーゼルの上級モデル「クーパーSD」をロングドライブに連れ出し、2度目のマイナーチェンジで進化し磨きがかけられた個性と、支持を集めるその理由を探った。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
ホームへ戻る