装備充実&特別な内外装の「ランクル」が登場

2014.08.25 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザーZX“Bruno Cross”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“Bruno Cross”」 拡大

装備充実&特別な内外装の「トヨタ・ランドクルーザー」が登場

トヨタ自動車は2014年8月25日、SUV「ランドクルーザー」に、特別仕様車「ZX“Bruno Cross(ブルーノ・クロス)”」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「ランドクルーザー70系」のデビュー30周年を記念したもので、専用にコーディネートされた内外装や、より充実した装備などが特徴となっている。

ベースとなったのはランドクルーザーの最上級グレードにあたる「ZX」で、エクステリアではハイグロス塗装のアルミホイールや、メッキ加飾のサイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー、シルバーのルーフレールなどを装備。一方インテリアには、サドルタンのプレミアムナッパ本革シートや、ウォルナット調の木目加飾(ステアリングホイール/ヒーターコントロールパネル/オーナメントパネル/シフトノブ)を採用している。

装備については、通常はオプション扱いのクールボックスを標準で採用。車両のスイッチやスマートキーからバックドアの全開、全閉、一時停止を操作できる、パワーバックドアも備わる。またランドクルーザー70系の誕生30周年を記念した特別アイテムとして、専用のスマートキー、本革キーケース、本革車検証入れが用意される。

ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「シルバーメタリック」「グレーメタリック」「ブラック」「アティチュードブラックマイカ」「ダークレッドマイカメタリック」「ベージュマイカメタリック」の全7色。価格は684万3273円。

(文=webCG/写真=向後一宏)
 

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ ピックアップ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.11.24 試乗記 10年ぶりの「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」復活に際し、「バン」と合わせてラインナップされたダブルキャブ ピックアップトラック。30年の歴史の中で、これが日本初導入となる「荷台付きのナナマル」の走りを試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク4xe(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.19 試乗記 道なき道を突き進むクロスカントリーの祖……こうしたイメージの根強いジープにも、いよいよ電動化の波が押し寄せてきた。ブランド初のプラグインハイブリッド車(PHEV)「レネゲード4xe」の仕上がりを試す。
ホームへ戻る