BMW、3シリーズにクルーズコントロールを標準化

2014.08.29 自動車ニュース

BMWが「3シリーズ」のクルーズコントロール機能を標準化

BMWジャパンは2014年8月28日、「BMW 3シリーズ」のセダンおよびワゴンに運転支援システム「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)」を標準装備し、発売した。

今回、「320iセダン」の6段MT車を除く3シリーズ全車に、アクティブ・クルーズ・コントロールが標準化された。同機能は、ミリ波レーダーセンサーを使って前走車との車間距離を維持するもので、低速走行時は車両停止状態まで対応する。

3シリーズの価格は、4ドアセダンが「320i」の466万円から「アクティブハイブリッド3 Mスポーツ」の785万円まで。ワゴンの「ツーリング」が、「320iツーリング」の505万円から「335iツーリング Mスポーツ」の796万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る