マツダが新型「ロードスター」を公開

2014.09.04 自動車ニュース
世界3都市で公開された新型「マツダ・ロードスター」。
世界3都市で公開された新型「マツダ・ロードスター」。
    拡大

マツダが新型「ロードスター」を公開

マツダは2014年9月4日、4代目となる新型「ロードスター」を日本、米国、スペインで行われたファン参加型イベントで世界初公開した。SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用し、2015年に正式発表する予定。

新型「ロードスター」のリアビュー。
新型「ロードスター」のリアビュー。
    拡大
新型「ロードスター」のインテリア。
新型「ロードスター」のインテリア。
    拡大

■現行モデル比で100kg減を目指す

マツダは新型「ロードスター」の開発キーワードを「守るために変えていく」とした。環境や安全に対する社会の意識が高まる中で、初代モデルから一貫して提供してきたライトウェイトスポーツカー特有の楽しさを継承するために、SKYACTIV技術を採用するとともに、「人がクルマを楽しむ感覚」を大事にしたという。

デザインでは、マツダのテーマである「魂動」を深化させた。乗員の姿が際立つ美しいプロポーションと、オープンカーならではの気持ちよさを堪能できる外観や内装を心がけた。

また、歴代のロードスターの中で最もコンパクトなボディーサイズにするとともに、現行モデル比で100kg以上の軽量化を実現し、「人馬一体」の楽しさを向上させるという。

(webCG)

→新型「マツダ・ロードスター」の詳しい画像はこちら。

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る