伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

2014.09.10 自動車ニュース
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

光岡自動車は2014年9月10日、伊勢丹とコラボレーションした20台限定の特別仕様車「ヒミコ クレイジータイマー」を発表した。三越伊勢丹が9月23日まで展開する「オンリー・エムアイ 秋のキャンペーン」の会期中、伊勢丹新宿店メンズ館正面玄関で展示販売を行う。


伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大
インテリア
インテリア 拡大
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」)
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」) 拡大
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大

今回のヒミコ クレイジータイマーは、「三越伊勢丹でしか出会えない『モノ』や『コト』を発信する」という「オンリー・エムアイ」キャンペーンの趣旨にのっとってミツオカが企画した限定車である。ベースとなるのは、電動開閉式ハードトップを備えた「ヒミコ アルドール」で、内外装の各部に伊勢丹をイメージさせるタータン柄を施すなどして、遊び心を演出している。特徴的な専用ボディーカラー「ネオングリーンパール」は、その発色を実現するために、7日間かけて手塗りで仕上げられるという。

インテリアでは、クロコダイル調の合皮シート、アルミ削りだしのシフトレバー、ボディーと同色のネオングリーンパールの上にブラックのグラデーションを施したインテリアデコレーションパネルなど、随所に専用のアイテムが装備される。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・専用ボディーカラー「ネオングリーンパール(3コートパール塗装)」
・専用フェンダーエンブレム(伊勢丹タータン柄)
・専用18インチアルミホイール&215/35R18タイヤ
・専用グリルバッヂ(七宝焼)
・専用トランクエンブレム
・専用2トーンラッピング(ナイトブラック)

<インテリア>
・専用インパネデコレーション(グラデーション塗装)
・専用アルミ削りだしシフトノブ(アルマイト加工ブラック)
・専用パーキングレバー(伊勢丹タータン柄)
・専用クロコダイル調合皮シート(刺しゅう入り)
・専用ステアリングデコレーションステッカー(グリーン)
・専用シフトベース(伊勢丹タータン柄)
・専用ドアマルチホルダーパネル(ピアノ調ブラック塗装)
・インテリアメッキセレクション(クロム)

販売台数は2種類の伊勢丹タータン柄(「ブラックウオッチ/イセタンメンズ」と「マクミラン/イセタン」)各10台ずつ計20台の限定で、価格は599万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • より個性的に 新型「ミツオカ・ヒミコ」がデビュー 2018.2.22 自動車ニュース 光岡自動車は2018年2月22日、2シーターオープン「Himiko(ヒミコ)」をフルモデルチェンジし、同年2月23日に発売すると発表した。「マツダ・ロードスター」をベースに、光岡が独自のカスタマイズを施している。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る