伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

2014.09.10 自動車ニュース
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。
「ヒミコ クレイジータイマー」をお披露目する光岡自動車 光岡章夫社長(写真左)と三越伊勢丹 常務執行役員伊勢丹新宿本店長の鷹野正明氏(同右)。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売

光岡自動車は2014年9月10日、伊勢丹とコラボレーションした20台限定の特別仕様車「ヒミコ クレイジータイマー」を発表した。三越伊勢丹が9月23日まで展開する「オンリー・エムアイ 秋のキャンペーン」の会期中、伊勢丹新宿店メンズ館正面玄関で展示販売を行う。


伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大
インテリア
インテリア 拡大
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」)
専用のシフトノブ/シフトベース/パーキングレバー。(写真のタータン柄は「マクミラン/イセタン」) 拡大
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。
「Himiko CRAZY TIMER」刺しゅう入りの専用クロコダイル調合皮シート。 拡大

伊勢丹をイメージした「ミツオカ・ヒミコ」発売の画像 拡大

今回のヒミコ クレイジータイマーは、「三越伊勢丹でしか出会えない『モノ』や『コト』を発信する」という「オンリー・エムアイ」キャンペーンの趣旨にのっとってミツオカが企画した限定車である。ベースとなるのは、電動開閉式ハードトップを備えた「ヒミコ アルドール」で、内外装の各部に伊勢丹をイメージさせるタータン柄を施すなどして、遊び心を演出している。特徴的な専用ボディーカラー「ネオングリーンパール」は、その発色を実現するために、7日間かけて手塗りで仕上げられるという。

インテリアでは、クロコダイル調の合皮シート、アルミ削りだしのシフトレバー、ボディーと同色のネオングリーンパールの上にブラックのグラデーションを施したインテリアデコレーションパネルなど、随所に専用のアイテムが装備される。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・専用ボディーカラー「ネオングリーンパール(3コートパール塗装)」
・専用フェンダーエンブレム(伊勢丹タータン柄)
・専用18インチアルミホイール&215/35R18タイヤ
・専用グリルバッヂ(七宝焼)
・専用トランクエンブレム
・専用2トーンラッピング(ナイトブラック)

<インテリア>
・専用インパネデコレーション(グラデーション塗装)
・専用アルミ削りだしシフトノブ(アルマイト加工ブラック)
・専用パーキングレバー(伊勢丹タータン柄)
・専用クロコダイル調合皮シート(刺しゅう入り)
・専用ステアリングデコレーションステッカー(グリーン)
・専用シフトベース(伊勢丹タータン柄)
・専用ドアマルチホルダーパネル(ピアノ調ブラック塗装)
・インテリアメッキセレクション(クロム)

販売台数は2種類の伊勢丹タータン柄(「ブラックウオッチ/イセタンメンズ」と「マクミラン/イセタン」)各10台ずつ計20台の限定で、価格は599万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
ホームへ戻る