戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売

2017.09.01 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ ラン」
「ミツオカ・ヒミコ ラン」拡大

光岡自動車は2017年9月1日、特別仕様車「ヒミコ 乱(ラン)」を発表した。9月2日に4台限定で発売する。

異なる色と素材を組み合わせて仕立てられた、「片身替」と呼ばれるシート。ヘッドレストには「乱」のロゴが添えられる。
異なる色と素材を組み合わせて仕立てられた、「片身替」と呼ばれるシート。ヘッドレストには「乱」のロゴが添えられる。拡大
インテリアもエクステリアと同様、レッドの差し色でドレスアップされる。
インテリアもエクステリアと同様、レッドの差し色でドレスアップされる。拡大
金沢の金箔(きんぱく)で飾られた、助手席前方のインストゥルメントパネル。
金沢の金箔(きんぱく)で飾られた、助手席前方のインストゥルメントパネル。拡大
専用デザインの18インチアルミホイール。
専用デザインの18インチアルミホイール。拡大
 
戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売の画像拡大

今回のヒミコ ランは、三越日本橋本店とGAME SYMPHONY JAPAN(GSJ)によるコラボレーションイベント「GSJ PREMIUM WEEK ~Vol.2~」の連動企画として販売される限定車。日本古来の「武の美」が開発テーマにかかげられている。

ボディーカラーは、漆黒(しっこく:ブラック)と藍鼠(あいねず:グレー)の2色をラインナップ。いずれも、ルーフパネルとボディーサイドに朱殷(しゅあん:レッド)のアクセントカラーを採用した、2トーン仕上げとなっている。

インテリアについては、戦国武将の織田信長が愛用したとされる「片身替」をイメージした、漆黒と朱殷のコンビシートが特徴。そのほか、金沢の金箔(きんぱく)をちりばめた助手席前方のパネルや、七宝焼のグリルバッジ、甲冑(かっちゅう)の一部を連想させるアルミホイールなど、専用のアイテムが装着される。

ヒミコ ランの特別装備は以下の通り。

<エクステリア>

  • 専用ボディーカラー「花吹雪」(漆黒と藍鼠の2色展開)
  • 専用ラジエーターグリルバッジ(七宝焼)
  • 専用フェンダーエンブレム
  • 専用フロントオーバーフェンダー
  • 専用18インチアルミホイールおよび225/35R18タイヤ

<インテリア>

  • 専用刺しゅう入り「片身替」デザインシート
  • 専用インパネデコレーションパネル(漆黒<純金箔入り>/朱殷)
  • 専用シフトノブ(漆黒<金色フレーク入り>)
  • 専用パーキングブレーキレバー(漆黒<金色フレーク入り>/朱殷)
  • 専用シフトベース(漆黒<金色フレーク入り>/朱殷)
  • 専用レザードアトリム(朱殷)
  • 専用インナードアハンドル(漆黒<金色フレーク入り>)
  • 専用ドアアシストグリップベゼル(朱殷)
  • 専用ドアトリムマルチポケット(漆黒<金色フレーク入り>)

価格は638万円。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
ホームへ戻る