スズキ・スイフトEVハイブリッド:シリーズ式HVをスズキ流に提案

2011.12.05 コレはゼッタイ!

【コレはゼッタイ!】スズキ・スイフトEVハイブリッド:シリーズ式HVをスズキ流に提案

「スイフトEVハイブリッド」は、すでに実証実験が行われている「スイフト レンジ・エクステンダー」の改良形である。こういう一見「地味」なショーモデルにこそ、明日のクルマ社会がリアルに映っているものだ。

■堅実さがスズキらしい

人目を引くかわいい「レジーナ」の脇に、ひっそり(!?)といった感じで展示されていた「スイフトEVハイブリッド」。フロントに658ccエンジン、発電機、モーターを搭載。ラゲッジルームにリチウムイオンバッテリーを積む。

基本はEV。家庭用電源(200V)なら1.5時間で満充電に達し、約30km走行可能だという。走行中にバッテリー切れが近づくとエンジンで発電機を回して充電する、いわゆるシリーズ式ハイブリッドである。シボレーがスポーツカールックの「ボルト」で派手に打ち上げた方式を、堅実なハッチバックで提案するところがいかにもスズキらしい、かも。

「EV状態のとき、エンジンと発電機は単なる重荷ですね」と筆者が意地の悪いコメントを発すると、「航続距離を延ばすために重いバッテリーをたくさん積むのと、どちらがいいのかというハナシです」とエンジニアの方。なるほど。まだ開発途上だが、EV状態からエンジンを使う必要が生じた場合に、乗員に違和感を抱かせないようにするのが難しいという。停車時には、発電機を回すエンジンも停止させるという。

テストベッドに「スイフト」を選んだのは、ボディーの大きさが適当だったからとのこと。このシステムを採用した市販車が登場するころには、もしかしたら車種はアルトになっているかもしれない!?

(文=青木禎之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る