フェラーリが605psのオープン2シーターを発表【パリサロン2014】

2014.09.26 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレA」
「フェラーリ458スペチアーレA」 拡大

【パリサロン2014】フェラーリが605psのオープン2シーターを発表

伊フェラーリは2014年9月25日、499台の限定モデル「458スペチアーレA」の概要を発表した。

ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。 拡大
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。 拡大
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。 拡大

458スペチアーレAは、「フェラーリ史上最もパワフルなオープンカー」とうたわれる、特別な限定車。いわば、2013年9月のフランクフルトショーで発表された高性能モデル「458スペチアーレ」の、オープンバージョンである。

ミドに搭載される4.5リッターV8自然吸気エンジンは、458スペチアーレと同じ605psと55.1kgmを発生。0-100km/h加速の加速タイムは3.0秒と公表される。

フェラーリによれば、このモデルは、ルマン24時間やデイトナ24時間をはじめとする、さまざまなレースにおける458シリーズの活躍を祝福するもの。
3層コートの黄色いボディーには青と白のストライプが入れられ、インテリアについても、ブルーカーボンファイバーを用いたドアパネルやセンタートンネル、さらに新デザインのアルカンターラシートなどを採用。「レーシングカーにインスパイアされた特別な仕様」となっている。

(webCG)

関連キーワード:
458スペチアーレ  , フェラーリ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る