クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき

2019.12.10 カーマニア人間国宝への道

「488ピスタ」に初試乗!

令和になってからフェラーリを買ったと名乗り出てくれた10名さまの中に、26歳で「456GT」を買ったT青年がいたことにうれし泣きしたことは前回書きましたが、この10名さまの中には、最新の激速フェラーリ、「488ピスタ」オーナーさまが2名いたことも衝撃でした。まさにフェラーリオーナーの2極分化!

そのひとりは、私とほぼ同年代、20年来の顔見知りであるBunbunさん(58歳医師)。実は彼は、私が11年前に出会ってホレ抜いたヨーコ様(黒の「328GTS」)の前オーナーでもある。

彼は黒の328GTSを振り出しに順調にステップアップして488ピスタにたどり着き、逆に私は迷走を重ねて黒の328GTSにたどり着いてしまったわけです。単に年収の伸びの差かもしれませんが。

そのBunbunさんの488ピスタに、ちょっとだけ試乗させてもらいました。

私儀、488ピスタに乗るのは初めて。なにせ日本国内ではオーナーさまに借りて乗るしかないおクルマだ。ただ、どこかナメていた部分もあった。

「488GTB」は、ものすごく速いけれど、スピード感がない。シャシーが勝っていて安定しすぎているから。それはフェラーリにとって致命的!

本物の快楽は、死と隣り合わせでなくてはいけない。少なくとも死の気配くらいは感じられなくてはいけない。なのに488GTBにはそれがナイ! そんなフェラーリいらない! 買えないけど。

488ピスタは、その488GTBをベースにスペチアーレ化したマシンなので、そんなに大したことはなかんべぇと思っていたのです。

2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)
2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)拡大
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。拡大
488GTB
488GTB拡大

殺人的なドッカンターボ

Bunbunさんも、488ピスタを買うつもりはなかったとおっしゃいます。

Bunbunさん:僕はずーっと328と「F355」で満足してたんですよ。でも「458イタリア」に乗り換えてみてブッ飛んで、「458スペチアーレ」にしてみたらさらに最高にすごかった。もうこれが最終兵器だと思ってたんだけど、オープンもいいかなって「スクーデリア スパイダー16M」にしたら、あまりの遅さにビックリしちゃって、それで今回488ピスタに乗り換えたんです。

スクーデリア スパイダー16Mの遅さにビックリしたということにこっちがビックリするが、つまり速さは相変わらず麻薬だということか。

私:で、488ピスタはどうですか?

Bunbunさん:これはすごいですよ。最高です。

どのように最高なのか、占有した大駐車場内で、私もフル加速をかまさせていただきました。

「なんじゃこりゃ~~~~~~~!」

まさに生涯最高の加速感。488GTBはフラットトルクで加速感に山がなかったけど、488ピスタは5000rpmあたりからのトルクの山が殺人的! まるで大砲のタマになったみたいにずどーんと撃ち出される! 助手席に座ったオーナーも、「うひょ~~~~~~~! 助手席の加速感のほうが運転席より何倍もスゲエ! こんなにすごかったのかぁ!」と大コーフンだ。

これはイイ……。これぞターボ! このドッカン加速こそ男のターボだ!

ここまでトルクの山が明確だと、もう「ターボでフェラーリサウンドが消えてうんぬん」とかそういう細かいことは吹っ飛ぶぜ! そんなこと考える余裕もないし! これぞ「288GTO」や「F40」の血脈!

458イタリア(写真=池之平昌信)
458イタリア(写真=池之平昌信)拡大
458スペチアーレ
458スペチアーレ拡大
スクーデリア スパイダー16M
スクーデリア スパイダー16M拡大
288GTO
288GTO拡大
F40(写真=池之平昌信)

 

F40(写真=池之平昌信)
	 
	拡大

強烈な合成麻薬レベル

720PSの2輪駆動でフル加速をかますと、当然後輪がスリップするわけですが、そのスリップ制御が実に心憎く、20%くらいキッチリ空転させてくれちゃってて、それに超絶加速による強烈なGが加わって、F40みたいに「直線でスピンするぅ!」というヤバい快楽がビンビン! もちろん直進性はみじんも揺るがないんだけど、でも本能的に「これはヤバすぎるだろ!」というアラート信号が脳内に鳴り響く。

試しに、私が「GT-R」の2020年モデルに乗り、488ピスタと加速を比べてみたところ、見事にチギられた。時速10kmからのローリングスタートとはいえ、2輪駆動でGT-Rより明らかに速いんだから狂ってる!

ハンドリングも488GTBより断然シャープで、曲がりすぎるほど曲がる。完全に危険なレベルで曲がる。まさに強烈すぎる合成麻薬! クルマが勝手にいろいろやってくれてるとかなんとか、速すぎてそんな細かいことまでわかりましぇん!

個人的には、フェラーリは自然吸気のフェラーリサウンドあってこそだと考え、V8ミドシップマシンに関しては「458で終わった」と公言してまいりましたが、こういうのならターボもステキ! 

フェラーリのV8ミドシップモデルは、今年発表された「F8トリブート」を最後に、ハイブリッド化されるのが既定路線と聞く。ハイブリッドになる前の最後のきらめきとして、488ピスタは実に素晴らしい!

しかしこのクルマ、新車の販売はもう終了しているし(特別な人しか売ってもらえないけど)、中古相場はなんだかんだで6000万円前後であるらしい。
いや、もう何も言いますまい。私は一生328に乗りますから。

(文=清水草一/写真=池之平昌信、木村博道/編集=大沢 遼)

最高出力720PSを誇る「488ピスタ」(左)と570PSの「日産GT-R」(2020年モデル・右)との加速対決!(写真=木村博道)
最高出力720PSを誇る「488ピスタ」(左)と570PSの「日産GT-R」(2020年モデル・右)との加速対決!(写真=木村博道)拡大
「日産GT-R」は見事チギられる結果に。(写真=木村博道)
「日産GT-R」は見事チギられる結果に。(写真=木村博道)拡大
続いて、筆者の“赤い玉号”こと「328GTS」(左)との対決でも「488ピスタ」が圧勝! これは当たり前。(写真=木村博道)
続いて、筆者の“赤い玉号”こと「328GTS」(左)との対決でも「488ピスタ」が圧勝! これは当たり前。(写真=木村博道)拡大
600PSを誇る「日産GT-R NISMO」にも余裕の勝利! 「488ピスタ」、ハンパねぇ!(写真=木村博道)
600PSを誇る「日産GT-R NISMO」にも余裕の勝利! 「488ピスタ」、ハンパねぇ!(写真=木村博道)拡大
「488ピスタ」は実に素晴らしい!(写真=木村博道)
「488ピスタ」は実に素晴らしい!(写真=木村博道)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ 488GTB の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。