第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき

2019.12.10 カーマニア人間国宝への道

「488ピスタ」に初試乗!

令和になってからフェラーリを買ったと名乗り出てくれた10名さまの中に、26歳で「456GT」を買ったT青年がいたことにうれし泣きしたことは前回書きましたが、この10名さまの中には、最新の激速フェラーリ、「488ピスタ」オーナーさまが2名いたことも衝撃でした。まさにフェラーリオーナーの2極分化!

そのひとりは、私とほぼ同年代、20年来の顔見知りであるBunbunさん(58歳医師)。実は彼は、私が11年前に出会ってホレ抜いたヨーコ様(黒の「328GTS」)の前オーナーでもある。

彼は黒の328GTSを振り出しに順調にステップアップして488ピスタにたどり着き、逆に私は迷走を重ねて黒の328GTSにたどり着いてしまったわけです。単に年収の伸びの差かもしれませんが。

そのBunbunさんの488ピスタに、ちょっとだけ試乗させてもらいました。

私儀、488ピスタに乗るのは初めて。なにせ日本国内ではオーナーさまに借りて乗るしかないおクルマだ。ただ、どこかナメていた部分もあった。

「488GTB」は、ものすごく速いけれど、スピード感がない。シャシーが勝っていて安定しすぎているから。それはフェラーリにとって致命的!

本物の快楽は、死と隣り合わせでなくてはいけない。少なくとも死の気配くらいは感じられなくてはいけない。なのに488GTBにはそれがナイ! そんなフェラーリいらない! 買えないけど。

488ピスタは、その488GTBをベースにスペチアーレ化したマシンなので、そんなに大したことはなかんべぇと思っていたのです。

2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)
2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)拡大
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。拡大
488GTB
488GTB拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • 「メルセデス・ベンツGクラス」価格変更 2020年8月から平均3.8%値上げ 2020.6.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月30日、メルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」の価格を変更すると発表した。新価格での販売は、同年8月1日から。対象となるのはラインナップしている3車種すべてで、平均3.8%の値上げとなる。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • 「メルセデス・マイバッハSクラス」に10台限定の特別仕様車 2020.6.26 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月26日、「メルセデス・マイバッハSクラス」に特別仕様車「グランドエディション」を設定し、10台の台数限定で発売した。「S560」および「S560 4MATIC」をベースに「ファーストクラスパッケージ」などを標準装備する。
ホームへ戻る