第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき

2019.12.10 カーマニア人間国宝への道

「488ピスタ」に初試乗!

令和になってからフェラーリを買ったと名乗り出てくれた10名さまの中に、26歳で「456GT」を買ったT青年がいたことにうれし泣きしたことは前回書きましたが、この10名さまの中には、最新の激速フェラーリ、「488ピスタ」オーナーさまが2名いたことも衝撃でした。まさにフェラーリオーナーの2極分化!

そのひとりは、私とほぼ同年代、20年来の顔見知りであるBunbunさん(58歳医師)。実は彼は、私が11年前に出会ってホレ抜いたヨーコ様(黒の「328GTS」)の前オーナーでもある。

彼は黒の328GTSを振り出しに順調にステップアップして488ピスタにたどり着き、逆に私は迷走を重ねて黒の328GTSにたどり着いてしまったわけです。単に年収の伸びの差かもしれませんが。

そのBunbunさんの488ピスタに、ちょっとだけ試乗させてもらいました。

私儀、488ピスタに乗るのは初めて。なにせ日本国内ではオーナーさまに借りて乗るしかないおクルマだ。ただ、どこかナメていた部分もあった。

「488GTB」は、ものすごく速いけれど、スピード感がない。シャシーが勝っていて安定しすぎているから。それはフェラーリにとって致命的!

本物の快楽は、死と隣り合わせでなくてはいけない。少なくとも死の気配くらいは感じられなくてはいけない。なのに488GTBにはそれがナイ! そんなフェラーリいらない! 買えないけど。

488ピスタは、その488GTBをベースにスペチアーレ化したマシンなので、そんなに大したことはなかんべぇと思っていたのです。

2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)
2019年11月に行われた、筆者主催の「大乗フェラーリミーティング」にて。「488ピスタ」に初試乗!(写真=木村博道)拡大
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)
Bunbunさんと愛車の「488ピスタ」。(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。
筆者のかつての愛車、“ヨーコ様”こと「328GTS」。拡大
488GTB
488GTB拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売 2020.11.24 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年11月24日、コンパクトハッチバック「アウディA1スポーツバック」をベースとする「A1シティーカーバー リミテッドエディション」を発表。同日、250台の台数限定で発売した。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る