ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

2014.10.02 自動車ニュース
「ボルボV60」
「ボルボV60」
    拡大

ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

ボルボ・カー・ジャパンは2014年10月1日、「60シリーズ(S60/V60/XC60)」に一部改良を実施し、2015年モデルとして販売を開始した。

■安全装備とインフォテインメントシステムを強化

今回の改良では、これまでオプション扱いだった「セーフティ・パッケージ」の内容にリアビューカメラを加えた、全10種類の安全装備・運転支援機能を、「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」として全モデルに標準装備した。

また「SENSUS(センサス)」と呼ばれるオーディオやカーナビゲーションなどの操作システムについても改良を実施しており、操作画面を一新したほか、新たにインターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加。カーナビゲーションをデータの無償更新サービスである「マップケア」に対応させたほか、ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器を標準装備とした。

このほかにも、12個のスピーカーを搭載し、総出力650Wを発生するharman/kardon(ハーマンカードン)製の「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を新たに採用した(各モデルの「T6 AWD R-DESIGN」に標準装備。それを除き、かつS60/V60の「T4」とXC60の「T5」以外のグレードにオプション設定)。

上記以外の変更点は以下の通り。
・フレームレスデザインのルームミラーを採用
・センタースタックの4つの円形ダイヤル外周部をシルクメタル仕上げに変更
・「3ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシー」の価格を変更(15万円)
・「デジタル・オーナーズマニュアル」の導入
・「パーク・アシスト(リア)」を標準装備(S60/V60 T4)
・新デザインの16インチアルミホイール“Hera”(シルバー)を採用(S60/V60 T4)

 

価格は以下の通り。

「S60」
「S60」
    拡大

S60
・S60 T4:395万円
・S60 T4 SE:430万円
・S60 T4 R-DESIGN:495万円
・S60 T5 SE:455万円
・S60 T5 R-DESIGN:520万円
・S60 T6 AWD:565万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:645万円

「V60」
「V60」
    拡大

V60
・V60 T4:415万円
・V60 T4 SE:450万円
・V60 T4 R-DESIGN:515万円
・V60 T5 SE:475万円
・V60 T5 R-DESIGN:540万円
・V60 T6 AWD:585万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:665万円

「XC60」
「XC60」
    拡大

XC60
・XC60 T5:519万円
・XC60 T5 SE:579万円
・XC60 T5 R-DESIGN:655万円
・XC60 T6 AWD:619万円
・XC60 T6 AWD SE:649万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:719万円

(webCG)
 

関連キーワード:
XC60, V60, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • 熱血“スバリスト”も大興奮! ここがすごいぞ新型「レヴォーグ」 2020.10.9 デイリーコラム 2020年10月15日にいよいよ正式デビューを迎える新型「スバル・レヴォーグ」。待ちに待った2代目は、果たして買いなのか、それとも……? 自他ともに認める熱烈なスバルファン、マリオ高野はその仕上がりをこう評価する!
ホームへ戻る