「ランボルギーニ・ウラカンGT3」の開発順調【Movie】

2014.10.08 自動車ニュース
「ウラカンGT3」のイメージ画像。
「ウラカンGT3」のイメージ画像。 拡大

【Movie】「ランボルギーニ・ウラカンGT3」の開発順調

伊ランボルギーニは2014年10月6日、「ウラカン」の新しいレーシングカー「ウラカンGT3」の初のテスト走行を、イタリア・ローマにあるヴァレルンガサーキットで行ったと発表した。

 
ワンメイクレース用の「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」。ひと足先に2014年8月、アメリカで発表された。
ワンメイクレース用の「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」。ひと足先に2014年8月、アメリカで発表された。 拡大

■2015年シーズンのデビューを目指す

ウラカンGT3は、ランボルギーニが完全に自社で製造した初のGT3カーである。また、「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」と同様に、ダラーラ・アウトモビリ社の協力を得て完成した。

同モデルは2015シーズンに、スパ24時間耐久シリーズをはじめとする、ヨーロッパ5都市で開催されるブランパン耐久シリーズに出場する予定。また2016年には、北米やアジアで開催される主要レースにも出場するという。

「今回の初テスト走行は大変満足している。来たるシーズンに備えて、まだ多くの課題を残してはいるものの、今回のパフォーマンス、およびテストの結果を見る限り、非常に期待が持てる。国際的なGT3の大会で見劣りしないだけでなく、他をしのぐ存在となるに違いない」と、ランボルギーニのレーシングチーム「スクアドラ・コルセ」のジョルジオ・サンナ監督はコメントしている。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース 2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(後編) 2020.11.1 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第6回は、「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の試乗リポート後編。これまで数々のスーパーカーを乗り継いできたベテランに「次期愛車候補」と言わしめた理由とは?
ホームへ戻る