「ランボルギーニ・ウラカンGT3」の開発順調【Movie】

2014.10.08 自動車ニュース
「ウラカンGT3」のイメージ画像。
「ウラカンGT3」のイメージ画像。 拡大

【Movie】「ランボルギーニ・ウラカンGT3」の開発順調

伊ランボルギーニは2014年10月6日、「ウラカン」の新しいレーシングカー「ウラカンGT3」の初のテスト走行を、イタリア・ローマにあるヴァレルンガサーキットで行ったと発表した。

 
ワンメイクレース用の「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」。ひと足先に2014年8月、アメリカで発表された。
ワンメイクレース用の「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」。ひと足先に2014年8月、アメリカで発表された。 拡大

■2015年シーズンのデビューを目指す

ウラカンGT3は、ランボルギーニが完全に自社で製造した初のGT3カーである。また、「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」と同様に、ダラーラ・アウトモビリ社の協力を得て完成した。

同モデルは2015シーズンに、スパ24時間耐久シリーズをはじめとする、ヨーロッパ5都市で開催されるブランパン耐久シリーズに出場する予定。また2016年には、北米やアジアで開催される主要レースにも出場するという。

「今回の初テスト走行は大変満足している。来たるシーズンに備えて、まだ多くの課題を残してはいるものの、今回のパフォーマンス、およびテストの結果を見る限り、非常に期待が持てる。国際的なGT3の大会で見劣りしないだけでなく、他をしのぐ存在となるに違いない」と、ランボルギーニのレーシングチーム「スクアドラ・コルセ」のジョルジオ・サンナ監督はコメントしている。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • 2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる! 2020.9.18 デイリーコラム 年明け2021年にはデビュー10周年を迎える、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」。生産1万台を達成した成功作の後継はどんなモデルになるのだろうか? “猛牛マニア”の西川 淳はこう予想する。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る