ボルボ、新エンジン搭載のV40 T5 R-DESIGN発売

2014.11.20 自動車ニュース
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
    拡大

ボルボ、新エンジン搭載の「V40 T5 R-DESIGN」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年11月20日、新たなパワートレインを搭載した「V40 T5 R-DESIGN」を発売した。

V40 T5 R-DESIGNの最新モデルには、これまでの2リッター直列5気筒ターボエンジンに代えて、最高出力で32ps、最大トルクで5.1kgm増しとなる新世代の2リッター直列4気筒直噴ターボ(245ps、35.7kgm)が搭載される。
トランスミッションも、従来の6段ATからシフトパドル付きの8段ATに変更された。

ATの変速ポイントやエンジンレスポンス、エンジンStart/Stop機能の制御を最適化するとともに、必要に応じてトランスミッションとエンジンとを自動的に切り離す省燃費走行モード「ECO+(エコプラス)モード」も選べるようになった。
JC08モードの燃費値は、15.1km/リッター。従来モデルに比べて、約14%向上している。

安全面では、リアビューカメラを標準装備。ボルボ先進の安全技術である「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール」、「アクティブ・ハイビーム」など、10種類の先進安全装備・運転支援機能が与えられる。

マルチメディアシステム「SENSUS(センサス)」もアップデートされており、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能が追加されるとともに、操作画面も変更された。
そのほか、カーナビゲーション連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器も搭載。マップケア(ナビデータの無償更新)にも対応している。

価格は、436万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.24 試乗記 先進安全・運転支援システム「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」を全モデル・全グレードで標準装備とするなど、いつになく“攻め”の姿勢を見せるボルボ。発売から2年が経過したベストセラーモデル「V40」にも、これを機会にいろいろ改良の手が入っている。その洗練度合いを確認するために、あらためて「V40 T4 SE」のステアリングを握った。
  • 第4回:「V40」で伊勢・志摩を訪ねる 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボのプレミアム・スポーツコンパクト「V40」で、1000km超のロングドライブへ。観光スポットとして名高い伊勢・志摩を巡る“こだわり旅”を紹介する。
ホームへ戻る