第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」

注目すべきベストセラー 2018.04.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。

いまなお強い存在感

ボルボのボトムを担う、CセグメントのプレミアムコンパクトがV40である。サイズ的に日本の道路事情に合っていて、今でも安定した売れ行きを誇っている。そんなボルボV40が日本に上陸したのは2013年2月。登場から5年が経過したが、毎年のようにアップデートを行っている。また、エンジンのラインナップも強化されているため、その魅力は色あせていない。それどころか、初期モデル以上に輝きを放っているのだ。

21世紀になって、ボルボはデザインやパッケージを一新しスポーティーな感覚を強めた。V40も例外ではなく、多くの人の目を引くスポーティーなルックスとなっている。2016年にはフロントマスクを中心に化粧直しを実施した。新世代ボルボのアイコンとなったT字型のトールハンマー(北欧神話の雷神が持つハンマー)をモチーフにしたLEDヘッドライトを採用し、これに櫛(くし)形グリルと新しいデザインのバンパーを組み合わせている。風格のある、凛々(りり)しい顔立ちだ。

ボルボ自慢の安全装備も抜かりはない。V40は全モデルに「インテリセーフ」と名付けられた先進安全・運転支援機能を、11以上も標準装備している。その筆頭が世界で最初に実用化した歩行者エアバッグだ。また、衝突回避・被害軽減自動ブレーキも、自動車だけでなく歩行者や自転車も検知できる、より安全なものを装備している。

急接近車両の警告機能や、バックするときに左右からクルマが来ると警告するクロストラフィックアラート、注意力の低下によるふらつきを警告するドライバーアラートコントロールなども、同クラスのライバルでは未設定かオプション扱いとなることが多いが、V40は廉価グレードから標準装備とした。夜間のドライブでは、アクティブハイビームが重宝する。充実した装備内容から、エントリーカーでも最上の安全性を願う、ボルボのエンジニアの良心が感じられる。

2013年2月に国内販売がスタートするやヒットを飛ばし、「最も売れたボルボ」として名をはせた「V40」。2018年4月現在、日本では全8モデルがラインナップされる。


	2013年2月に国内販売がスタートするやヒットを飛ばし、「最も売れたボルボ」として名をはせた「V40」。2018年4月現在、日本では全8モデルがラインナップされる。
	拡大
チャコールとブロンドの2トーンカラーで仕立てられたインテリア。ボディーカラーによっては、チャコール単色となる。
チャコールとブロンドの2トーンカラーで仕立てられたインテリア。ボディーカラーによっては、チャコール単色となる。拡大
センターコンソールの上部には、7インチの液晶モニターがレイアウトされる。写真は、運転支援システムの設定画面。
センターコンソールの上部には、7インチの液晶モニターがレイアウトされる。写真は、運転支援システムの設定画面。拡大
北欧神話の雷神が持つ「トールハンマー」をモチーフにデザインされたLEDヘッドランプ。ステアリングを切った方向に光の向きを変える「アクティブベンディング機能」も備わる。
北欧神話の雷神が持つ「トールハンマー」をモチーフにデザインされたLEDヘッドランプ。ステアリングを切った方向に光の向きを変える「アクティブベンディング機能」も備わる。拡大
今回の試乗車「V40 T3モメンタム」は、1.5リッター直4ガソリンターボ搭載モデル。384万円の価格は、日本で販売されるV40の中でほぼ中間に位置する。
今回の試乗車「V40 T3モメンタム」は、1.5リッター直4ガソリンターボ搭載モデル。384万円の価格は、日本で販売されるV40の中でほぼ中間に位置する。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 「ボルボV40」の最後を飾る「ファイナルエディション」が登場 2019.4.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年4月11日、コンパクトモデル「V40」の特別限定車「T5 R-Designファイナルエディション」を50台限定で販売開始した。「V40 T5 R-Design」をベースとし、「パノラマガラスルーフ」「リアシートヒーター」を特別装備している。
  • 第6回:「ボルボV40」試乗インプレッション 2014.9.22 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) ボルボファミリーの中で、好調なセールスが伝えられるコンパクトハッチバックの「V40」。その実力は、どれほどのものなのか? 東京~伊勢・志摩間での試乗インプレッションを報告する。
ホームへ戻る