第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける

頼もしいパートナー 2018.04.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。

輝きを増したデザイン

マイナーチェンジなどのタイミングで顔を“お直し”すると、得てして「あちゃー」ということになりがちだ。したり顔で、「デザインは前期型に限る」なんて言ったりもする。

けれども、ボルボV40はそうはならなかった。2016年のマイチェンで “トールハンマー顔”が与えられると、もともとスタイリッシュだったデザインがさらに魅力を増したのだ。トールハンマー顔とは、北欧神話に登場する雷神トールが手に持ったとされるT字型ハンマーをモチーフにしたLEDヘッドライトを軸に構成するフロントマスク。2015年にデビューした「ボルボXC90」で最初に採用されて以来、新世代ボルボを象徴する意匠だ。

往年の名(デザイン)車、「ボルボP1800」をモチーフにしたという、Cピラーのあたりでキュッと角度が上昇するキャラクターラインとトールハンマー顔が組み合わされることで、よりモダンなべっぴんさんになった。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」、「BMW 1シリーズ」など強豪がそろうこのセグメントでボルボV40が売れ続けている理由のひとつに、デザインの魅力があることは間違いない。

V40に限らず、最近のボルボのデザインで好ましいと思うのは、エクステリアとインテリアの世界観がきちんとつながっていることだ。外観と内装に整合性がなく、「あのカッコにこのレザーシート???」とか、建物にたとえれば「モダニズム建築なのに部屋は畳」というケースも散見されるけれど、ボルボは違う。シンプルでスタイリッシュでありながら、温かみを感じさせるというデザイン観が、一本の串となって内外装に貫かれている。

と、感心したところでエンジンをスタート。本日の試乗車は、最高出力190psを発生する2リッターのディーゼルターボエンジンを積む、ボルボV40 D4インスクリプションである。

国内デビューから5年がたった、ボルボのコンパクトハッチバック「V40」。今回試乗したディーゼルモデル「D4」は、2015年7月にラインナップに加えられた。
国内デビューから5年がたった、ボルボのコンパクトハッチバック「V40」。今回試乗したディーゼルモデル「D4」は、2015年7月にラインナップに加えられた。拡大
T字を横にしたランプのデザインは、北欧神話の雷神が持つ「トールハンマー」をモチーフにしたもの。ステアリングを切った方向に光の向きを変える「アクティブベンディング機能」も備わる。
T字を横にしたランプのデザインは、北欧神話の雷神が持つ「トールハンマー」をモチーフにしたもの。ステアリングを切った方向に光の向きを変える「アクティブベンディング機能」も備わる。拡大
「スウェーデンの家の居心地のよさ」を念頭にデザインされた「V40」のインテリア。試乗車では、アンバーのシートカラーとチャコールのインテリアカラーが組み合わされていた。
「スウェーデンの家の居心地のよさ」を念頭にデザインされた「V40」のインテリア。試乗車では、アンバーのシートカラーとチャコールのインテリアカラーが組み合わされていた。拡大
「V40 D4インスクリプション」のシートは本革仕立て。前席には、シートヒーターやランバーサポートも標準で備わる。
「V40 D4インスクリプション」のシートは本革仕立て。前席には、シートヒーターやランバーサポートも標準で備わる。拡大
「V40」の駆動方式は、エンジンの種類やグレードの違いに関わらず全車FFとなる。
「V40」の駆動方式は、エンジンの種類やグレードの違いに関わらず全車FFとなる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.7 試乗記 デビュー以来初めて仕様が変更された、ホンダの“ハイブリッドスーパースポーツ”「NSX」。ワインディングロードで乗った最新型は、特別な高性能バージョンとして売り出してもいいと思えるほどに変貌を遂げていた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
ホームへ戻る