スバルがフォレスターを一部改良、特別仕様車も

2014.11.26 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight」
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight」
    拡大

スバルが「フォレスター」を一部改良、新たな特別仕様車も

富士重工業は2014年11月25日、ミドルサイズSUV「スバル・フォレスター」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「S-Limited」を設定し、販売を開始した。

「2.0XT EyeSight」のインテリア。
「2.0XT EyeSight」のインテリア。 拡大
特別仕様車の「X-BREAK」。ボディーカラーは新色の「タンジェリンオレンジ・パール」。
特別仕様車の「X-BREAK」。ボディーカラーは新色の「タンジェリンオレンジ・パール」。
    拡大
新設定の特別仕様車「S-Limited」。
新設定の特別仕様車「S-Limited」。
    拡大
「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」
「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」 拡大

今回の改良では、シャークフィンアンテナや、金属調およびピアノブラック調のインテリア加飾を採用。また新たなメーカーオプションとして、8つのスピーカーを備えた「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」を設定した。

はっ水加工のシートやカーゴフロアボードを採用した特別仕様車「X-BREAK(エックスブレイク)」については、ボディーカラーに「タンジェリンオレンジ・パール」「デザートカーキ」の2色の専用色を追加。全10色のバリエーションとした。

また、同時に設定された特別仕様車S-Limitedは、これまでターボ車の「2.0XT」および「2.0XT EyeSight」専用だった外装アイテムを、自然吸気モデルに採用したものである。インテリアについても、カーボン調の加飾パネルやファブリックと合成皮革のコンビネーションシートを採用するなど、手が加えられている。

具体的な装備の内容は以下の通り。
・18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
・スポーティーデザインフロントバンパー
・ヘッドライトブラックベゼル
・ファブリック/合成皮革シート
・カーボン調インパネ加飾パネル
・アルミパッド付きスポーツペダル
・常時発光ホワイト照明(スポーツタイプ)メーター

特別仕様車を含むラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:214万9200円
・2.0i-L:247万3200円
・2.0i-L EyeSight:258万1200円
・X-BREAK:268万9200円
・S-Limited:282万9600円
・2.0XT EyeSight:302万760円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る