スバルがフォレスターを一部改良、特別仕様車も

2014.11.26 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight」
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSight」
    拡大

スバルが「フォレスター」を一部改良、新たな特別仕様車も

富士重工業は2014年11月25日、ミドルサイズSUV「スバル・フォレスター」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「S-Limited」を設定し、販売を開始した。

「2.0XT EyeSight」のインテリア。
「2.0XT EyeSight」のインテリア。 拡大
特別仕様車の「X-BREAK」。ボディーカラーは新色の「タンジェリンオレンジ・パール」。
特別仕様車の「X-BREAK」。ボディーカラーは新色の「タンジェリンオレンジ・パール」。
    拡大
新設定の特別仕様車「S-Limited」。
新設定の特別仕様車「S-Limited」。
    拡大
「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」
「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」 拡大

今回の改良では、シャークフィンアンテナや、金属調およびピアノブラック調のインテリア加飾を採用。また新たなメーカーオプションとして、8つのスピーカーを備えた「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」を設定した。

はっ水加工のシートやカーゴフロアボードを採用した特別仕様車「X-BREAK(エックスブレイク)」については、ボディーカラーに「タンジェリンオレンジ・パール」「デザートカーキ」の2色の専用色を追加。全10色のバリエーションとした。

また、同時に設定された特別仕様車S-Limitedは、これまでターボ車の「2.0XT」および「2.0XT EyeSight」専用だった外装アイテムを、自然吸気モデルに採用したものである。インテリアについても、カーボン調の加飾パネルやファブリックと合成皮革のコンビネーションシートを採用するなど、手が加えられている。

具体的な装備の内容は以下の通り。
・18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
・スポーティーデザインフロントバンパー
・ヘッドライトブラックベゼル
・ファブリック/合成皮革シート
・カーボン調インパネ加飾パネル
・アルミパッド付きスポーツペダル
・常時発光ホワイト照明(スポーツタイプ)メーター

特別仕様車を含むラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:214万9200円
・2.0i-L:247万3200円
・2.0i-L EyeSight:258万1200円
・X-BREAK:268万9200円
・S-Limited:282万9600円
・2.0XT EyeSight:302万760円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表 2021.3.31 自動車ニュース スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。「アウトバック」をベースに、その本質的価値を保ちつつ悪路走破性と機能性を強化した新たな派生モデルとなっている。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る