ホンダがフィットハイブリッドの装備を強化

2014.12.18 自動車ニュース
「ホンダ・フィットハイブリッド Fパッケージ」
「ホンダ・フィットハイブリッド Fパッケージ」
    拡大

ホンダが「フィットハイブリッド」の装備を強化

本田技研工業は2014年12月18日、コンパクトカー「フィットハイブリッド」に一部改良を実施し、同年12月19日に発売すると発表した。

「フィットハイブリッド Fパッケージ」のインテリア。
「フィットハイブリッド Fパッケージ」のインテリア。 拡大
「IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス」
「IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス」 拡大
「シティーブレーキアクティブシステム」のセンサー。
「シティーブレーキアクティブシステム」のセンサー。
    拡大

今回の改良は機能、装備の強化が中心となっており、「Fパッケージ」「Lパッケージ」「Sパッケージ」に、「IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス」「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス」「オートリトラミラー」を標準装備。また、LパッケージとSパッケージには、「シティーブレーキアクティブシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム」「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を標準で採用した。

カラーバリエーションの充実も図っており、ハイブリッド専用色として、新たに「ホワイトオーキッド・パール」「ゴールドブラウン・メタリック」「ルーセブラック・メタリック」を追加設定した。

価格は以下の通り。
・ハイブリッド(FF):168万1700円
・ハイブリッド(4WD):187万6100円
・ハイブリッド Fパッケージ(FF):179万6000円
・ハイブリッド Fパッケージ(4WD):199万400円
・ハイブリッド Lパッケージ(FF):195万9000円
・ハイブリッド Lパッケージ(4WD):215万3400円
・ハイブリッド Sパッケージ(FF):205万9000円
・ハイブリッド Sパッケージ(4WD):225万3400円

(webCG)
 

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フィットe:HEVベーシック(FF)【試乗記】 2020.4.9 試乗記 いよいよデビューした新型「ホンダ・フィット」。従来のホンダ車とはひと味違う価値観のもとに開発されたという4代目は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。ハイブリッドの最廉価グレードを連れ出して確かめた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
ホームへ戻る